なぜ日銀はマイナス金利を導入したのでしょうか。その理由を考えてみましょう。

マイナス金利政策とは

日銀と当座預金取引のある銀行には、「準備預金」として一定割合の現金を日銀の当座預金口座に預けることが法律で義務付けられています。しかし、現状では法律で義務付けられている割合以上に「準備預金」が預けられていました(超過準備預金)。その理由は、超過準備預金には年0.1%の利息が付くためで、銀行は利ざやが薄く、貸し倒れリスクのある融資を行うより、簡単に利益をあげられたからです。

日銀はこの当座預金に預けられる銀行の資金に3段階の金利を設定します。

  1. 現在預けられている超過準備預金は0.1%の金利が付く
  2. これから預けられる当座預金のうち法律で定められた所要準備額については、金利を0%とする
  3. 新たな超過準備預金は金利をマイナス0.1%とする

日銀にお金を預けるだけで利益を得ていた銀行は、そのお金を得られなくなるため、その分を企業や個人の融資に回して利益を得ようとします。

マイナス金利政策の導入の背景

2016年は、急激な円高が進行し、同時に株価が大きく下がって始まりました。それは、中国経済の失墜・原油安・米国の利上げ等様々な要因で「リスクオフ」状態になった為です。
「リスクオフ」とは、世界経済か不安定なので比較的安全な 「円」や「日本国債」に資産を移す動きのことを言います。このため、急激な円高になり、結果、日本の株価が下がってしまったのです。

今後、選挙を控えている安倍政権は、なんとしても株価を上げ、景気の浮揚感を演出しなければなりません。そのためには円安に誘導しなくてはならないのです。そこで日銀に「円安誘導政策」を求めたのです。

マイナス金利政策の狙い

景気を回復させるには、とにかくお金を使う・回すしかありません。
前述した通り、日銀は、銀行が日銀に預けていたお金を企業や個人の融資に回せば、市中にお金が回る効果があると考えています。また、マイナス金利政策は金利全般の低下を促すため、企業でも個人でも、銀行に預けるより、運用や使うほうがいいという意志が働き、市中によりお金が回る効果が得られる事になります。

住宅ローンの超低金利により、借り換えを中心とした申込みが殺到しているということは、今のところ日銀の思惑通りになっているようです。

住宅ローンへの影響

マイナス金政策は住宅ローンへどのような影響をあたえるのでしょうか。

マイナス金利政策で銀行は、今まで日銀にお金を預けるだけで得ていた利ざやを失うことになります。そこで銀行は別の投資先として住宅ローンを選びます。銀行から見ると、住宅ローンは、しっかりした担保もあり、貸し倒れリスクのない有望な投資先なのです。今後は、住宅ローンの顧客獲得競争が激化していくと思われます。

  • 金利の更なる低下
  • 審査の基準の低下
  • 付加サービスの拡充

と、ますます借り手のメリットが大きくなるのではないでしょうか。

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る