住宅金融支援機構が行なった「2016年度 民間住宅ローン利用者の実態調査【民間住宅ローン利用者編】(第2回)」の調査結果を発表しています。
これから住宅ローンを利用しようとしている方の参考になるかもしれない、調査結果が出ています。

この調査は2016年10月から2017年3月までに民間住宅ローンを利用した方を対象にした調査結果です。今回はこの調査から「住宅ローンを選んだ決め手」は何だったのかを見てみましょう。
どんな理由で住宅ローンを選んだのでしょうか。

では、さっそく見ていきましょう。

住宅ローンを選んだ決めては?

画像が小さくて文字が読みづらいことを先に謝っておきますが、結果はこうなりました。

<利用した住宅ローンを選んだ決め手(フラット35利用者以外の方)>

住宅ローンを選んだ決め手は?

住宅金融支援機構「2016年度 民間住宅ローン利用者の実態調査」より引用

1位は圧倒的に「金利が低いこと」で75.1%の方が回答しています。
金利は返済額にダイレクトに影響してきますから当然といえば当然でしょうか。前回の調査結果では69.6%だったので上昇していますね。

それに続く回答としては、2位「住宅・販売事業者に勧められたこと」(18.6%)、3位「消費用が安かったこと」(17.6%)、4位「一部繰上返済手数料がやすかったこと」(17.5%)、5位「将来に金利上昇の可能性があるので返済額を確定しておきたかったから」(14.8%)、6位「保証料が安かったこと」(14.5%)、7位「審査結果が早かったこと」(10.2%)、8位「日頃からの付き合いや馴染みがあったから」(10.1%)、9位「繰上返済が少額から可能であったこと」(10.1%)と以下は10%を切る回答が続きます。

この調査は複数回答が可能であることから、「金利が低いこと」にプラスして2位や4位、5位、7位などの理由があって決め手になったものと考えられますね。

ということは、「金利が低いこと」に加えて、「保証料が無料」、「一部繰上返済手数料無料」、「繰上返済は1円からいつでも可能」なんて住宅ローンがあったら決め手だらけになりますね。
しかし今のネット銀行の住宅ローンは、このくらいは標準装備です。

変動金利型住宅ローンランキング<2020年7月金利更新>
順位銀行名変動金利事務手数料無料の疾病保障申込み
1位auじぶん銀行のロゴ画像です0.410% 

(全期間引下げプラン)


借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信

全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認

auじぶん銀行の住宅ローンの特徴は低金利でスマホで申込みから契約まで完結できるなどたくさんありますが、この低い変動金利と金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信全疾病保障の2つの疾病保障による手厚い保障に注目です。

2位ソニー銀行のロゴ画像です0.457%

(変動セレクト
住宅ローン・
新規購入で
自己資金10%以上)※5

借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認

新規購入で自己資金10%以上の場合に利用できる変動セレクト住宅ローンの変動金利は、低金利とがんと診断されるだけで住宅ローン残高の半分が保障されるがん50%保障団信が特徴です。自己資金に余裕があれば利用するのがおすすめです。

3位0.450%

(変動フォーカス)※1

借入額の
2.20%(税込)
安心保障付団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認

変動金利が0.450%と金利が低い変動フォーカスと、事務手数料が55,000円(税込)~と業界最低水準のの変動金利半年タイプの2つの変動金利が選べるのが新生銀行の特徴です。

4位SBIマネープラザのロゴ画像です0.410%

(通期引下げプラン)※4


借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障・
団体総合生活補償保険

が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
5位0.410%

(通期引下げプラン)※2

借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
6位ソニー銀行のロゴ画像です0.807%

(住宅ローン・
借り換え/新規購入
で自己資金10%未満)※3

一律44,000円(税込)がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
※1 事務手数料が55,000円(税込)~165,000円(税込)の変動金利(半年タイプ)は0.650%
※2 審査結果によっては、表示金利に年0.1%上乗せとなる場合があります。借り換えの場合は0.398%
※3 借り換え・新規購入で自己資金10%未満の金利になります。
※4 審査結果によっては、表示金利に年0.1〜0.3%上乗せとなる場合があります。借り換えの場合は0.398%
※5 新規購入で自己資金10%以上の金利です。
変動金利比較ランキングの詳細はこちら
10年固定金利比較ランキング<2020年7月金利更新>
順位銀行名10年固定金利事務手数料無料の疾病保障申込み
1位auじぶん銀行のロゴ画像です0.550%

(当初期間引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信

全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


auじぶん銀行の10年固定金利は他の銀行よりも圧倒的に低い金利と、金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信全疾病保障の2つの疾病保障による手厚い保障ですで非常におすすめです。

2位ソニー銀行のロゴ画像です0.600%

(固定セレクト住宅ローン)

借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


ソニー銀行の固定セレクト住宅ローンは低金利と金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信が魅力です。
新規購入で自己資金10%以上を用意できれば更に低い金利の借り入れも可能になります。

3位0.800%

(当初固定金利タイプ)

55,000円(税込)~
165,000円

(税込)
安心保障付団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


新生銀行の特徴はやはり他の銀行よりも圧倒的に安い事務手数料です。他の銀行が何十万円と必要なところ55,000円(税込)~と業界でも屈指の安さとなっています。初期費用を抑えたい方におすすめの住宅ローンです。

4位ソニー銀行のロゴ画像です0.900%

(住宅ローン)

一律44,000円
(税込)
がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
5位SBIマネープラザのロゴ画像です0.740%

(当初引下げプラン)※2

借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障・
団体総合生活補償保険

が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
6位sumishinsbi_bank_83x420.760%

(当初引下げプラン)※1

借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
※1 審査結果によっては、表示金利に年0.1%上乗せとなる場合があります。
※2 審査結果によっては、表示金利に年0.1〜0.3%上乗せとなる場合があります。
10年固定金利比較ランキングの詳細はこちら

このランキングに登場している住宅ローンは先程上げた”決めて”は標準装備です。
今の住宅ローンでは、それに加えて通常では金利上乗せでしか付帯できない疾病保障が無料で付帯する住宅ローンもあります。
知らないと損をしてしまうのが以下に紹介する2行の住宅ローンです。

auじぶん銀行は「がん50%保障団信」が、住信SBIネット銀行は「8疾病保障」が無料で付帯する手厚い保障が大きな特徴です。
この2行は、凄い決め手を持つ非常に優秀な住宅ローンといえますね。

住宅ローン選びの参考にしてみて下さい。

引用した資料は以下のリンクから見ることが出来ます。
住宅金融支援機構
「2016年度 民間住宅ローン利用者の実態調査【民間住宅ローン利用者編】(第2回)」(PDF)

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る