ゆうちょ銀行が住宅ローン事業への参入を断念したと発表しました。

金融庁はゆうちょ銀行が2012年に申請した住宅ローンや企業融資について、融資業務を行うには体制が不十分であるとして認可しない状態が続いていました。
そしてこの住宅ローン、カードローンや企業融資の申請を取り下げたため、ゆうちょ銀行の住宅ローンは事実上断念となってしまいました。

マイナス金利以降の超低金利とそれによる競争の激化で、新規に参入する住宅ローン事業では十分な収益を見込めないことに加え、参入した場合に競合する地方銀行などの金融機関からの反発にも配慮したとのことです。

全国に店舗があるゆうちょ銀行がどんな住宅ローンを提供するのか楽しみだったのですが、残念なニュースですね。
確かにマイナス金利政策の導入以降、住宅ローンは競争が激化し低金利化してるため、収益を見込むのは大変なようです。
指標となる長期金利が低下したにもかかわらず、4月の10年固定の金利を倍近く引上げたメガバンクなどをみるとわかります。

しかし、店舗を持たないことで経営コストを圧縮しそれを金利に反映しているネット銀行は金利を据え置いているところが多いですね。

<大手銀行とauじぶん銀行の10年固定金利の推移>

今後の住宅ローンは、これまで以上にネット銀行の「超低金利」「無料の疾病保障」などの優位性が目立つことになります。

 
そろそろ気になるのが来月の住宅ローン金利がどうなるのか?ということですよね。
昨日も記事にしましたが、長期金利は「リスクオフ」による低下が続いています。

長期金利のグラフです

日本相互証券株式会社HPより引用

12日の長期金利の終値はプラス0.02%まで低下していましたが、本日も久しぶりにマイナスになる勢いで低下しています。
長期金利がマイナス水準になるのは去年の11月以来となります。
流石にここまで低下すれば住宅ローン金利も引下げが期待できますね。
15日に発表されるソニー銀行の5月の住宅ローン金利は引下げになるでしょう。

 

住宅ローン借り換え比較ランキング<2020年6月金利更新>
順位銀行名変動金利固定金利事務手数料保証料申込み
1位auじぶん銀行のロゴ画像です0.410%

(全期間引下げプラン)


10年固定:0.550%

(当初期間引下げプラン)


20年固定:0.951%

(当初期間引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
0円公式サイト
詳細を確認

auじぶん銀行の住宅ローンの特徴は低金利でスマホで申込みから契約まで完結できるなどたくさんありますが、この低い金利と金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信全疾病保障の2つの疾病保障による手厚い保障に注目です。

2位ソニー銀行のロゴ画像です0.507%

(変動セレクト
住宅ローン)※5

10年固定:0.600%

(固定セレクト
住宅ローン)※5


20年固定:1.054%

(固定セレクト
住宅ローン)※5

借入額の
2.20%(税込)
0円公式サイト
詳細を確認

新規購入で自己資金10%以上の場合に更に低い変動金利が利用が可能です。低金利とがんと診断されるだけで住宅ローン残高の半分が保障されるがん50%保障団信が特徴です。自己資金に余裕があれば利用するのがおすすめです。

3位0.450%

※2
(変動フォーカス)

10年固定:0.800%

(当初固定金利タイプ)

変動金利:
借入額の
2.20%(税込)
10年固定:
55,000円~
165,000円
(税込)
0円公式サイト
詳細を確認

変動金利が0.450%と金利が低い変動フォーカスと、事務手数料が55,000円~と業界最低水準のの変動金利半年タイプの2つの変動金利が選べるのが新生銀行の特徴です。

4位ARUHIのロゴ画像です

フラット35

なし20年以内:1.220%
21年以上:1.290%

※1

借入額の
1.10%(税込)

※6

0円公式サイト
詳細を確認
5位SBIマネープラザのロゴ画像です0.410%

※4
(通期引下げプラン)


10年固定:0.710%

※4(当初引下げプラン)


20年固定:1.360%

※4(当初引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
0円公式サイト
詳細を確認
6位sumishinsbi_bank_83x420.428%

※3
(通期引下げプラン)

10年固定:0.710%

※3(当初引下げプラン)


20年固定:1.370%

※3(当初引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
0円公式サイト
詳細を確認
※1 機構団信に加入した場合の金利です。団信に加入しない場合には0.2%金利引下げとなります。
※2 事務手数料が55,000円~165,000円の変動金利(半年タイプ)は0.650%。
※3 審査結果によっては、表示金利に年0.1%上乗せとなる場合があります。
※4 審査結果によっては、表示金利に年0.1〜0.3%上乗せとなる場合があります。
※5 借り換え/新規購入で自己資金10%未満の場合の金利です。
※6 WEB申込みで借り換えた場合の事務手数料です。
借り換え比較ランキングの詳細はこちら

住宅ローン借り換えランキングにも変動が起きるかもしれません。
4月は10年固定を据え置いた住信SBIネット銀行の10年固定金利は金利引下げの可能性がより強そうです。

月末に向けて長期金利の動きに注目しましょう。
久しぶりに住宅ローン金利の引下げに期待したいところですね。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る