住宅金融支援機構が「2016年度 民間住宅ローンの貸出動向調査」を発表しました。
これから住宅ローンの借入れや借り換えを考えている方で、まず最初に悩むのがどの金利タイプを選んだらいいのか?だと思います。
調査結果は2015年度の調査結果を集計した少しデータは古いですが、金利タイプを選ぶ参考になるかもしれません。
では見てみましょう。

2015年度の金利タイプ別貸出実績

2015年に住宅ローンを借りた方は、どの金利タイプを選んだのでしょうか。

2015年の金利タイプ別貸出実績

住宅金融支援機構「2016年度 民間住宅ローンの貸出動向調査」より引用

2015年金利タイプ別の貸出実績は、変動金利型が61.8%10年固定などの固定期間選択型が33.4%全期間固定型が4.9%となっています。
やはり金利の低さが金利タイプ選びの決め手なのでしょうか、変動金利型が圧倒的に多いです。

しかし、この調査は2015年度の結果ということで、データとしてはちょっと古いですね。
2015年の住信SBIネット銀行の金利を見てみると、
変動金利:0.600%前後
10年固定:0.900%前後
フラット35:1.500%前後(35年固定)

今の10年固定金利やフラット35と比べるとかなり高いことがわかります。

今の住宅ローン金利と少し違う点に気がついたでしょうか。
というのも、2015年と2016年の金利では長期の固定金利に大きな差があるからですね。

2017年2月の変動金利と10年固定金利のランキングを見てみると、10年固定金利はauじぶん銀行が0.500%住信SBIネット銀行は借り換え限定で0.540%ですし、フラット35は楽天銀行の21年以上の固定金利が1.100%となっています。
ちなみに変動金利は、住信SBIネット銀行が借り換え限定で0.447%、auじぶん銀行が0.497%です。

変動金利型住宅ローンランキング<2020年7月金利更新>
順位銀行名変動金利事務手数料無料の疾病保障申込み
1位auじぶん銀行のロゴ画像です0.410% 

(全期間引下げプラン)


借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信

全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認

auじぶん銀行の住宅ローンの特徴は低金利でスマホで申込みから契約まで完結できるなどたくさんありますが、この低い変動金利と金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信全疾病保障の2つの疾病保障による手厚い保障に注目です。

2位ソニー銀行のロゴ画像です0.457%

(変動セレクト
住宅ローン・
新規購入で
自己資金10%以上)※5

借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認

新規購入で自己資金10%以上の場合に利用できる変動セレクト住宅ローンの変動金利は、低金利とがんと診断されるだけで住宅ローン残高の半分が保障されるがん50%保障団信が特徴です。自己資金に余裕があれば利用するのがおすすめです。

3位0.450%

(変動フォーカス)※1

借入額の
2.20%(税込)
安心保障付団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認

変動金利が0.450%と金利が低い変動フォーカスと、事務手数料が55,000円(税込)~と業界最低水準のの変動金利半年タイプの2つの変動金利が選べるのが新生銀行の特徴です。

4位SBIマネープラザのロゴ画像です0.410%

(通期引下げプラン)※4


借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障・
団体総合生活補償保険

が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
5位0.410%

(通期引下げプラン)※2

借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
6位ソニー銀行のロゴ画像です0.807%

(住宅ローン・
借り換え/新規購入
で自己資金10%未満)※3

一律44,000円(税込)がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
※1 事務手数料が55,000円(税込)~165,000円(税込)の変動金利(半年タイプ)は0.650%
※2 審査結果によっては、表示金利に年0.1%上乗せとなる場合があります。借り換えの場合は0.398%
※3 借り換え・新規購入で自己資金10%未満の金利になります。
※4 審査結果によっては、表示金利に年0.1〜0.3%上乗せとなる場合があります。借り換えの場合は0.398%
※5 新規購入で自己資金10%以上の金利です。
変動金利比較ランキングの詳細はこちら
10年固定金利比較ランキング<2020年7月金利更新>
順位銀行名10年固定金利事務手数料無料の疾病保障申込み
1位auじぶん銀行のロゴ画像です0.550%

(当初期間引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信

全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


auじぶん銀行の10年固定金利は他の銀行よりも圧倒的に低い金利と、金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信全疾病保障の2つの疾病保障による手厚い保障ですで非常におすすめです。

2位ソニー銀行のロゴ画像です0.600%

(固定セレクト住宅ローン)

借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


ソニー銀行の固定セレクト住宅ローンは低金利と金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信が魅力です。
新規購入で自己資金10%以上を用意できれば更に低い金利の借り入れも可能になります。

3位0.800%

(当初固定金利タイプ)

55,000円(税込)~
165,000円

(税込)
安心保障付団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


新生銀行の特徴はやはり他の銀行よりも圧倒的に安い事務手数料です。他の銀行が何十万円と必要なところ55,000円(税込)~と業界でも屈指の安さとなっています。初期費用を抑えたい方におすすめの住宅ローンです。

4位ソニー銀行のロゴ画像です0.900%

(住宅ローン)

一律44,000円
(税込)
がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
5位SBIマネープラザのロゴ画像です0.740%

(当初引下げプラン)※2

借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障・
団体総合生活補償保険

が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
6位sumishinsbi_bank_83x420.760%

(当初引下げプラン)※1

借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
※1 審査結果によっては、表示金利に年0.1%上乗せとなる場合があります。
※2 審査結果によっては、表示金利に年0.1〜0.3%上乗せとなる場合があります。
10年固定金利比較ランキングの詳細はこちら

マイナス金利の影響で一番金利が下がったのが10年固定金利だというのがわかります。
今や変動金利とほぼ変わらない水準まで低下しています。
2016年のこの調査結果を予想すれば、金利の低下が著しい10年固定金利を含む固定期間選択型やフラット35などの全期間固定型がシェアを増やすことは間違いないです。

つまり、今の史上空前の低金利時代では、変動金利が住宅ローン金利の中で一番低いというこれまでの常識が崩れていると言ってもいいでしょう。

今の10年固定金利は変動金利とほぼ変わらない水準です。
変動金利並の金利で10年間も金利が固定されるとなれば、「変動金利は金利が低くていいけど、金利上昇リスクが気になる。。。」という方にピッタリと言えそうです。
ただし、当初優遇タイプの10年固定金利は10年の固定期間が終了すると金利が高くなるため、金利の低さを最大限に活かすならば借り換えが必須となります。

変動金利だけでなく固定金利での住宅ローンの新規借入れや借り換えを候補に考えてみるのもマイナス金利時代の新しい手法となりつつあると思いますよ。

10年固定金利とフラット35の住宅ローンを比較したこちらの記事も参考にしてみて下さい。
>>[10年固定・フラット35] 固定金利を徹底比較

 

 

Pocket
LINEで送る