auじぶん銀行が2021年6月28日に住宅ローンの融資実行累計額が1兆5,000億円を突破したことを発表しました。

2015年12月に住宅ローンの取扱を開始してから約5年6ヶ月で1兆5,000億円の融資実行額を突破したこととなります。

auじぶん銀行の住宅ローンの融資実行累計額は、2015年12月の住宅ローンのサービス開始から約3年5ヶ月で5,000億円、約1年4ヶ月で1兆円、そして約9ヶ月で1兆5,000億円に到達しています。
5,000億円から1兆円までは約2.5倍、1兆円から1兆5,000億円まではさらに2倍近いスピードで実行額を増やした計算になります。

仮に今のペースで融資実行額を増やしていけると、直近1年3ヶ月で1兆円の住宅ローン融資実行をしている、業界最大手の住信SBIネット銀行に追いつくのも現実的になってきそうですね。

 

auじぶん銀行の住宅ローンは融資スピードが飛躍的に伸びいますので、2022年早々にも2兆円の融資額が達成されるかもしれませんね。

auじぶん銀行の住宅ローン融資実行額の実績

融資額時期所要期間
5,000億円2019年5月約3年5ヶ月
1兆円2020年9月約1年4ヶ月
1兆5,000億円2021年6月約9ヶ月

※auじぶん銀行は幅広い人が住宅ローンを利用できるように「保証会社を利用しない住宅ローン」と「保証会社を利用する住宅ローン」を提供しています。審査に問題なければ全期間引下げプランや当初期間引下げプランの金利が適用されますが、審査の結果で保証付金利プランになる場合があります。その場合は上記の金利とは異なる金利となります。また、保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5 年、10年に限定されます。それぞれの金利プランの違いについて詳しくはこちらから確認をお願いします。

低金利と団信に加えて2つの疾病保障による手厚い保障の住宅ローンで人気

 住宅ローンの取扱の開始から約5年6ヶ月の短期間での1兆5,000億円の突破したのは、auじぶん銀行の住宅ローンの商品性の高さが大きな要因でしょう。
改めて、auじぶん銀行の住宅ローンを簡単に紹介しておきます。

auじぶん銀行がおすすめの理由は

auじぶん銀行の住宅ローンは当サイトでも申込み件数ナンバー1の住宅ローンです。
そのauじぶん銀行のおすすめポイントを紹介しましょう。

 auじぶん銀行のここがメリット!
 ・変動金利・10年固定金利は業界最低水準の低金利
 ・「がん50%保障団信」が無料で付帯
 ・「全疾病保障」も無料で付帯
 ・契約書の記入や捺印なしでネットで完結
 ・団信保険料、保証料※、一部繰上返済手数料、収入印紙が全て”0円”

※審査の結果、保証会社を利用する場合は、保証料相当額を上乗せした金利が設定されますが、別途発生する保証料はありません。

 

業界最低水準の低金利であることに加えて「がん50%保障団信」と「全疾病保障」の2つの疾病保障が金利上乗せなしの無料で付帯する手厚い保障がauじぶん銀行の住宅ローンを大きな特徴です。

新規の借入れでも借り換えでもおすすめのauじぶん銀行の住宅ローンが気になった方は公式サイトで借入れシミュレーションや仮審査申し込みを行ってみてください。

 
auじぶん銀行のメリット・デメリットをより詳細に分析したこちらの記事も住宅ローン選びの参考にしてみて下さい。
>>auじぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】

 

【徹底解説】auじぶん銀行の住宅ローン関連特集

 

Pocket
LINEで送る