国立がん研究センターは7月15日、2016年に新たにがんと診断される数を示す罹患数と死亡数のがん統計予測を算出し、がん情報の総合サイト「がん情報サービス」にて公開しました。

2016年のがん統計予測では、罹患数予測が101万200例(男性57万6100例、女性43万4100例)、死亡数は37万4000人(男性22万300人、女性15万3700人)となっています。

2015年の予測と比較すると、罹患者数は男女計で約2万8000例増加、死亡者数は約3000人の増加となっています。罹患数、死亡数とも統計が作成されてから一貫して増加を続けているが、国立がん研究センターはこれについて、日本の高齢者人口の増加が主な原因であるとしています。

今後も高齢化が進むに連れて、がんの羅患数・死亡数共に増加していきそうです。

2016年がん羅患数 予測
がん羅患数の予測

2016年がん死亡数 予測
がん死亡数予測

日本人の死亡原因第1位であるがん。
統計では、3人に1人ががんで死亡しているとも言えますが、3人に2人は治療が成功し生還しているも言えると思います。
がんは、羅患すれば助からない病気では無くなってきているのも現実ではないでしょうか。

長い返済期間が続く住宅ローンでも、がんを患って生還した時のことを考えておきたいですね。
元のように働ければ返済も問題ありませんが、働くペースを少し落とさざるを得ない場合など、様々なケースが考えられます。また、完治後も検査などで通院することも多くあると思います。
治療中やその後に、返済が困難になったりするリスクをできるだけ回避できるように考えておきたいところです。

じぶん銀行の「がん50%保障団信」とは

一般的に住宅ローンの契約には、団信の加入が必須です。
団信は、保険料は無料で、死亡時や高度障害状態になってしまったときに住宅ローン残金分の保険金が金融機関に支払われ、住宅ローンが清算されます。
じぶん銀行の住宅ローンでは、団信に加えて「がん50%保障団信」が無料で付帯するのが特徴です。
では、「がん50%保障団信」とはどんな保障でしょうか。

「がん50%保障団信」とは「がんと診断されたら住宅ローンの残高が半分になる」保障です。

がんと診断され、入院などで就業不能状態が90日続いたら住宅ローンの残高が半分になるとかではなく、「がんと診断されたら」です。
多くの疾病保障などでは、就業不能状態が60日続いた場合などの条件がありますが、「がんと診断されたら住宅ローンの残高が半分になる」のが「がん50%保障団信」です。

じぶん銀行のがん50%団信の説明図

この「がん50%保障団信」の驚くべき特徴は、その保障を受け取れる条件の低さと、その保障が無料で付帯するという2点です。

さらに、「がんと診断されたら」住宅ローン残高がゼロになる「がん100%保障団信」も、金利に0.2%上乗せで用意されているのも心強いですね。

マイナス金利の導入以降、史上空前の低金利時代になり、銀行にはもう住宅ローン金利を下げる余地はないのでは?というほど低い状態になっています。
そんな中でもじぶん銀行の変動金利は、0.497%と変動金利史上最低金利を実現し、わずかですが金利面でも他の銀行をリードしています。それに加え、この「がん50%保障団信」が無料で付帯するというメリットは、各銀行がほぼ横並びの金利で決めかねていた方に、決定打になり得る大きなアドバンテージだと思います。

 

がん情報サービス
2016年がん統計予測
表は国立がん研究センターがん対策情報センターより引用しています。

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る