現在、住宅ローン金利は過去最低水準ですが、この恩恵を受けられるのは新たに住宅ローンを借り入れる人だけではありません。今、住宅ローンを借りている人でも「借り換え」によってその恩恵をうけることができます。借り換えとは、新たな住宅ローンを借入れた資金で、今までの住宅ローンを一括返済すること住宅ローンです。
借り換えについて調べていきましょう。

借り換えとは?

住宅ローンの借り換えとは、新たな住宅ローンを借入れてた資金で、今までの住宅ローンを一括返済することです。新たな住宅ローンを、低金利で借りなおすことで、月々の返済額を抑えるだけでなく、総返済額も少なくすることが可能です。
ただし、ここで気をつけなければならないことは、住宅ローンを借りる際に必要な諸費用です。当然、借り換えするときにも必要になります。借り換えは、新規で住宅ローンを借りる際に必要な諸費用を加えたトータルコストで、返済総額を減らせるのかを考える必要があります。

そして、借り換えができるのは公的融資から民間融資に借り換える場合、民間融資から民間融資に借り換える場合のみです。公的融資から公的融資への借り換えはできません。
住宅ローンを借り換える事で、総返済額を大きく減らせる可能性があるのはどんな条件の人なのでしょうか?

借り換えするとメリットのある条件

  1. ローン残債が1,000万円以上ある
  2. 返済期間が10年以上残っている
  3. 借りている金利と借り換えようとしている金利が1%以上低い

一般的に、上記の3つの条件を満たしていると、諸費用を負担しても返済総額を減らすことができると言われています。しかし、現在の超低金利では、借り換えの恩恵を受けるハードルは劇的に下がっています。金利差が0.3%ほどあれば返済額を減らせるケースもあるようです。実際に利用するかどうかは別として、上記の条件に当てはまる人はもちろん、住宅ローンを返済中の方は検討してみる価値は充分あるでしょう。一度、銀行のシミュレーターで試算してみることをおすすめします。

当サイトでも何度もお話していますが、ニュースでも報道されている通り、すでに住宅ローンの申し込みが殺到しており、審査に時間がかかる状況です。住宅ローンの金利は審査時ではなく、融資実行時の金利が適用されるので、希望の タイミングで住宅ローンを組むために、審査を通しておき、契約するタイミングを調整するのが希望通りの借入れ・借換えを行う賢い方法です。また、審査に落 ちることも考えられるので複数の銀行に申し込んでおくのも重要です。

住宅ローン借り換えシュミレーター
イオン銀行「お借り換えシミュレーション」
みずほ銀行「住宅ローン借り換えシミュレーション」

point_icon
超低金利の現在は、少しの金利差でも返済総額を減らせる可能性あり

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る