日銀の金融緩和により住宅ローン金利は史上空前の低金利となっています。借り換えを行うには絶好のタイミングで検討している方も多いのではないでしょうか。

借り換えのメリットは住宅ローンの返済額を減らすことや金利タイプを変更することで金利上昇リスクに備えることはもちろんですが、残りの返済期間を調整できる機会でもあります。月々の住宅ローンの返済にもう少し余裕が欲しい場合には返済期間を伸ばしたり、昇給などで返済に余裕がでたためもう少し返済額を増やしても大丈夫な場合などには、借り換えで返済期間を伸ばしたり短く調整することで借り換えのメリットを最大限に大きくすることができるでしょう。

今回は住宅ローンの借り換えで返済期間を短くした場合、伸ばした場合のメリット・デメリットを確認してみましょう。

返済期間を短くした場合

金利の低い住宅ローンへの借り換えを行うことで、返済総額や月々のローン返済額を減らせますね。その為、借り換える前と同じ額を毎月のローン返済に当てるだけで返済期間を短くすることが可能になります。

借り換えで返済期間を短くした場合のメリット

  • 返済総額が減る
  • 完済が早まるためライフプランに余裕を持てる

借り換えで返済期間を短くした場合のデメリット

  • 月々の住宅ローン返済の負担はそのままかもしくは増える

住宅ローンの借り換えで返済期間を短縮できれば、借り入れている期間が減るわけですから必然的に返済総額を減らすことが可能です。
つまり返済総額を短くする借り換えは、『これまでよりも低い金利の住宅ローン + 返済期間の短縮』の2つで返済総額を減らせる事になります。さらに返済期間を短くすることで、老後の資金をためやすくなりますし返済終了後のライフプランも立てやすくなりますね。
現在の住宅ローンの返済額に負担を感じていない場合には、借り換えで返済期間を短くすることを検討してみることをおすすめします。

返済期間を伸ばした場合

実際に住宅ローンを借りてみると思ったより返済がキツイ、転職などで収入が減ってしまった、といったことにも対応できるように余裕を持った返済計画で住宅ローンを借り入れることが重要ですが、借入れた後の不測の事態には借り換えることで対応出来ます。
もちろん金利の低い住宅ローンに借り換えることで返済額は減りますが、さらに月の返済額を減らしたい場合には返済期間を伸ばすことで可能になります。

借り換えで返済期間を伸ばした場合のメリット

  • 月の返済額を減らし、返済に余裕が出る

借り換えで返済期間を伸ばした場合のデメリット

  • 返済総額は増える
  • 完済年齢が上がることで老後の資金に影響も

住宅ローンの返済ができなくなりせっかく購入したマイホームを手放してしまうくらいであれば、返済総額は増えてしまっても月々の返済額を少なくするために、返済期間を伸ばすのはアリですね。
しかし注意しなければならないのは、返済を完了する年齢です。あまり高すぎるとそもそも住宅ローン審査に通りませんし、退職した後も返済するとなると収入が減るため、貯蓄で備えるか退職後も仕事をしなければなりません。

おすすめの借り換え先は?

変動金利での借り換えは「金利上昇リスクが気になる」という方には、6月は金利を引下げた「フラット35」がおすすめです。

金利・諸費用ともに最低水準で「フラット35」を提供するARUHI(アルヒ)ランクインしています。

ARUHI(アルヒ)では借り換えの場合にWEBから申し込みを行うことで通常借入額の2.20%(税込)必要な事務手数料が、半分の1.10%(税込)になるキャンペーンを行っています。
申込みはWEBで行うのがお得ですね。

借り換えのメリットを最大限活かすため低い金利で付加サービスの高い住宅ローンを逃さないようにしましょう。

 

 

Pocket
LINEで送る