日銀の金融緩和により住宅ローン金利は史上空前の低金利となっています。借り換えを行うには絶好のタイミングで検討している方も多いのではないでしょうか。

借り換えのメリットは住宅ローンの返済額を減らすことや金利タイプを変更することで金利上昇リスクに備えることはもちろんですが、残りの返済期間を調整できる機会でもあります。月々の住宅ローンの返済にもう少し余裕が欲しい場合には返済期間を伸ばしたり、昇給などで返済に余裕がでたためもう少し返済額を増やしても大丈夫な場合などには、借り換えで返済期間を伸ばしたり短く調整することで借り換えのメリットを最大限に大きくすることができるでしょう。

今回は住宅ローンの借り換えで返済期間を短くした場合、伸ばした場合のメリット・デメリットを確認してみましょう。

返済期間を短くした場合

金利の低い住宅ローンへの借り換えを行うことで、返済総額や月々のローン返済額を減らせますね。その為、借り換える前と同じ額を毎月のローン返済に当てるだけで返済期間を短くすることが可能になります。

借り換えで返済期間を短くした場合のメリット

  • 返済総額が減る
  • 完済が早まるためライフプランに余裕を持てる

借り換えで返済期間を短くした場合のデメリット

  • 月々の住宅ローン返済の負担はそのままかもしくは増える

住宅ローンの借り換えで返済期間を短縮できれば、借り入れている期間が減るわけですから必然的に返済総額を減らすことが可能です。
つまり返済総額を短くする借り換えは、『これまでよりも低い金利の住宅ローン + 返済期間の短縮』の2つで返済総額を減らせる事になります。さらに返済期間を短くすることで、老後の資金をためやすくなりますし返済終了後のライフプランも立てやすくなりますね。
現在の住宅ローンの返済額に負担を感じていない場合には、借り換えで返済期間を短くすることを検討してみることをおすすめします。

返済期間を伸ばした場合

実際に住宅ローンを借りてみると思ったより返済がキツイ、転職などで収入が減ってしまった、といったことにも対応できるように余裕を持った返済計画で住宅ローンを借り入れることが重要ですが、借入れた後の不測の事態には借り換えることで対応出来ます。
もちろん金利の低い住宅ローンに借り換えることで返済額は減りますが、さらに月の返済額を減らしたい場合には返済期間を伸ばすことで可能になります。

借り換えで返済期間を伸ばした場合のメリット

  • 月の返済額を減らし、返済に余裕が出る

借り換えで返済期間を伸ばした場合のデメリット

  • 返済総額は増える
  • 完済年齢が上がることで老後の資金に影響も

住宅ローンの返済ができなくなりせっかく購入したマイホームを手放してしまうくらいであれば、返済総額は増えてしまっても月々の返済額を少なくするために、返済期間を伸ばすのはアリですね。
しかし注意しなければならないのは、返済を完了する年齢です。あまり高すぎるとそもそも住宅ローン審査に通りませんし、退職した後も返済するとなると収入が減るため、貯蓄で備えるか退職後も仕事をしなければなりません。

おすすめの借り換え先は?

最新の借り換え比較ランキングを見てみましょう。

住宅ローン借り換え比較ランキング<2020年7月金利更新>
順位銀行名変動金利固定金利事務手数料保証料申込み
1位auじぶん銀行のロゴ画像です0.410%

(全期間引下げプラン)


10年固定:0.550%

(当初期間引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
0円公式サイト
詳細を確認

auじぶん銀行の住宅ローンの特徴は低金利でスマホで申込みから契約まで完結できるなどたくさんありますが、この低い金利と金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信全疾病保障の2つの疾病保障による手厚い保障に注目です。

2位ソニー銀行のロゴ画像です0.507%

(変動セレクト
住宅ローン)※5

10年固定:0.600%

(固定セレクト
住宅ローン)※5

借入額の
2.20%(税込)
0円公式サイト
詳細を確認

新規購入で自己資金10%以上の場合に更に低い変動金利が利用が可能です。低金利とがんと診断されるだけで住宅ローン残高の半分が保障されるがん50%保障団信が特徴です。自己資金に余裕があれば利用するのがおすすめです。

3位0.450%

※2
(変動フォーカス)

10年固定:0.800%

(当初固定金利タイプ)

変動金利:
借入額の
2.20%(税込)
10年固定:
55,000円(税込)~
165,000円
(税込)
0円公式サイト
詳細を確認

変動金利が0.450%と金利が低い変動フォーカスと、事務手数料が55,000円(税込)~と業界最低水準の変動金利半年タイプの2つの変動金利が選べるのが新生銀行の特徴です。

4位ARUHIのロゴ画像です

フラット35

なし20年以内:1.230%
21年以上:1.300%

※1

借入額の
1.10%(税込)

※6

0円公式サイト
詳細を確認
5位SBIマネープラザのロゴ画像です0.398%

※4
(通期引下げプラン)


10年固定:0.740%

※4(当初引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
0円公式サイト
詳細を確認
6位sumishinsbi_bank_83x420.398%

※3
(通期引下げプラン)

10年固定:0.760%

※3(当初引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
0円公式サイト
詳細を確認
※1 機構団信に加入した場合の金利です。団信に加入しない場合には0.2%金利引下げとなります。
※2 事務手数料が55,000円(税込)~165,000円(税込)の変動金利(半年タイプ)は0.650%。
※3 審査結果によっては、表示金利に年0.1%上乗せとなる場合があります。
※4 審査結果によっては、表示金利に年0.1〜0.3%上乗せとなる場合があります。
※5 借り換え/新規購入で自己資金10%未満の場合の金利です。
※6 WEB申込みで借り換えた場合の事務手数料です。
借り換え比較ランキングの詳細はこちら

変動金利でも10年固定金利でも最低水準の金利のauじぶん銀行に注目です。

auじぶん銀行もの変動金利(全期間引下げプラン)は0.410%、10年固定金利(当初期間引下げプラン)は0.550%と借り換えを検討している方には見逃せない超低金利となっています。

さらに団信に加えて金利上乗せなしの無料で2つ「疾病保障」が付帯するがあり、借り換え先としてはおすすめの優良住宅ローンです。

変動金利での借り換えは「金利上昇リスクが気になる」という方には、6月は金利を引下げた「フラット35」がおすすめです。

金利・諸費用ともに最低水準で「フラット35」を提供するARUHI(アルヒ)ランクインしています。

ARUHI(アルヒ)では借り換えの場合にWEBから申し込みを行うことで通常借入額の2.20%(税込)必要な事務手数料が、半分の1.10%(税込)になるキャンペーンを行っています。
申込みはWEBで行うのがお得ですね。

借り換えのメリットを最大限活かすため低い金利で付加サービスの高い住宅ローンを逃さないようにしましょう。

 

 
<注目の住宅ローン特集記事>
auじぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?
ジャパンネット銀行の住宅ローンの落とし穴とは?
楽天銀行(フラット35・金利選択型)の住宅ローンの落とし穴とデメリット
新生銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】
SBIマネープラザの住宅ローンの落とし穴とは?
住信SBIネット銀行の住宅ローンの落とし穴とは?
りそな銀行 住宅ローン(借り換え)のメリットとは?
イオン銀行 住宅ローンのメリット・デメリットとは?
三井住友銀行の住宅ローンのメリット・デメリットとは?
ジャパンネット銀行の住宅ローン 審査基準を解説 ゆるい?厳しい?
ネット銀行の住宅ローン メリット&デメリット 審査や手数料など解説
[auじぶん銀行・住信SBIネット銀行・楽天銀行] 無料の疾病保障付き住宅ローンを比較してみよう
[10年固定・フラット35]auじぶん銀行・住信SBIネット銀行・楽天銀行の固定金利を徹底比較
 

Pocket
LINEで送る