SBIマネープラザはSBI証券、住信SBIネット銀行などを展開するSBIグループに属する企業で、保険、住宅ローン、資産運用など、金融サービスに関することをワンストップで提案してくれる店舗を全国に展開しています。

SBIグループはネット系サービスを手がける企業が多くSBIマネープラザは異色の存在と言って良さそうです。

そのSBIマネープラザはグループ会社の住信SBIネット銀行の銀行代理業として住宅ローン(MR.住宅ローンREAL)の取り扱いもしています。銀行代理業は金融庁の許可を得て、銀行に代わり銀行業務を行うことであり、住宅ローンサービスにおいては、住信SBIネット銀行に代わ、契約までの顧客対応を行うもので、実際の住宅ローンの貸し出しは住信SBIネット銀行が行います。

今回はこのSBIマネープラザの住宅ローン(MR.住宅ローンREAL)の審査が甘いのか?厳しいのかを見て行きたいと思います。

SBIマネープラザの公式サイトはこちら https://www.sbi-moneyplaza.co.jp/

SBIマネープラザのサービス内容

 

MR.住宅ローンREALの審査基準①年齢・年収・職業

MR.住宅ローンREALの住宅ローン審査・利用できる人物像

上記はMR.住宅ローンREALの商品概要説明書から引用しています。

 

まずは年令についてです。20歳以上65歳未満とされており、一般的な住宅ローンと同じ水準です。特筆したいのがMR.住宅ローンREALに無料付帯する全疾病保障が65歳以下であえば加入できることです。たとえばがん保障付き団信では加入を50歳前後としている金融機関が多く、疾病保障としては加入できる対象者が多くなっている基準が特徴と言えるでしょう。

 

次に年収ですが、多くの金融機関では住宅ローン審査に必要とする年収を明示していますが、MR.住宅ローンREALでは「安定かつ継続した収入があること」と漠然とした表現になっています。一般的に住宅ローンを組むのには300万円程度の年収が必要とされており、MR.住宅ローンREALでも同様の水準が求められていると考えれば良さそうです。

ただやはり年収が明示されていない点には住宅ローンの申し込みを行ううえでは漠然とした不安をもってしまいますね。

 

次にMR.住宅ローンREALの職業についてです。アルバイトやパート、年金収入のみの場合には申し込みができないことになっています。なお、契約社員や派遣社員という職業については明確に審査申し込み不可とされていなく、「安定かつ継続した収入があること」が審査されることとなります。

 

MR.住宅ローンREALの審査基準②健康状態と団信(団体信用生命保険)

 次にMR.住宅ローンREALの健康状態と団信についてです。MR.住宅ローンREALには無料で全疾病保障が無料付帯されており、一般団信部分の保障、全疾病保障部分の保障、いずれもSBIグループのSBI生命が保険引き受け先となっています。

なお。民間金融機関の住宅ローンを組むには団信への加入が必須となります。MR.住宅ローンREALでも同様に団信への加入が必須で、団信への加入審査時に健康状態の告知を行う必要があります。

団信の告知では

  • 最近3カ月以内に医師の治療(指示・指導を含む)や投薬を受けたことがありますか。
  • 過去3年以内に次の病気で手術を受けたり、あるいは2週間以上にわたり医師の治療(指示・指導を含む)や投薬を受けたりしたことがありますか。

に回答(記入)をする必要があります。このためある程度健康状態がよくないと団信の加入審査に通らないこととなります。

なお、団信の告知時に事実と異なることを記載し、隠した病気が原因となり、万が一という際に保障を受けようとすると保険金が支払われないこととなりますので、正確に告知する必要があります。

 

MR.住宅ローンREALの全疾病保障

なお、MR.住宅ローンREALではワイド団信の取り扱いがありません。ワイド団信は持病や病歴があり一般団信に加入できない、審査に通らない方向けに加入条件・審査を緩和した団信で、ネット銀行でもソニー銀行やじぶん銀行が取り扱いを行っています。

MR.住宅ローンREALにはワイド団信の取り扱いが無いため、健康上の理由で住宅ローン審査に落ちる可能性が、ソニー銀行やじぶん銀行よりは高いということは間違いなさそうです。

 

MR.住宅ローンREALの審査基準③資金用途

MR.住宅ローンREALはご本人やご家族が住む住宅のための住宅ローンです。セカンドハウスや投資用の住宅には利用できません。

また、個人事業主・自営業の方が事業用と住宅を併用する物件については床面積の50%以上が住宅用であればMR.住宅ローンREALを利用可能です。

他のネット銀行同様につなぎ融資に対応してないため、注文住宅のために住宅ローンを利用したい方には使い勝手の悪い住宅ローンとなってしまうかもしれません。

 

MR.住宅ローンREALの資金用途

 

MR.住宅ローンREALの審査基準④金利

MR.住宅ローンREALでは審査結果により金利が0.1%上乗せされる可能性があります。メガバンクなどでも金利の優遇幅が変わり結果的に、借入する住宅ローン金利が変わるのは一般的ですが、MR.住宅ローンREALも同様に審査結果により金利が変わる可能性があります。

ネット銀行の多くは住宅ローン審査に通ればホームページに掲載されている金利で住宅ローンを組めるのため、MR.住宅ローンREALは対照的な商品設計となっています。

 

【最後に】MR.住宅ローンREALの審査は厳しいのか?甘いのか?

いかがでしょうか。MR.住宅ローンREALの審査項目を丁寧にみてきましたが、特別住宅ローン審査が厳しくなっているものはなさそうです。健康に不安がる方はワイド団信を取り扱っているじぶん銀行や、団信なしで住宅ローンが組めるフラット35(住信SBIネット銀行(フラット35)楽天銀行(フラット35))などへの審査申し込みを行って見てはいかがでしょうか?

なお、MR.住宅ローンREALと住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローン、住信SBIネット銀行(フラット35)に同時に審査申し込みを行うことはできません。このため、MR.住宅ローンREALに審査を申し込んでいる場合にはじぶん銀行楽天銀行(フラット35)への審査申し込みを同時に行うようにしましょう。

 

 

MR.住宅ローンREALとは?

まず最初に、MR.住宅ローンREALとはどういった住宅ローンなのか主な特徴、メリット、デメリットについて軽く触れたいと思います。

①MR.住宅ローンREALはリアル店舗でのみの取り扱い

②全疾病保障を無料付帯

③交通事故などを保障する傷害補償が無料付帯

MR.住宅ローンREALの特徴

 

【徹底解説】住信SBIネット銀行の住宅ローン関連特集

Pocket
LINEで送る