女性の社会進出の浸透や夫婦共働き世帯が増えたことで、共働きの夫婦がより良い環境のマイホームを購入できるように共同で住宅ローンを借りる仕組みに対応している住宅ローンが増えています。

 

共働き家庭のための住宅ローンの仕組みとして代表的なものが、2人の収入を活用して住宅ローンの借入可能金額を増やすことができるペアローンです。

 

ペアローンとは、マイホームを購入する時に、夫婦や親子などで別々の住宅ローンを契約する方法です。ペアローンに類似した商品に収入合算もありますが、この記事ではペアローンを中心に解説しています。

 

ペアローンは1つの物件を2人が別々の住宅ローンを契約して借りることで、どちらか一方の収入だけでは借りられない金額を借りることができるというメリットがあります。一方で、契約書に貼る印紙税なども2重にかかったりして、諸費用が増えるデメリットもあります。

 

auじぶん銀行では住宅ローン契約書を電子化することで、収入印紙を貼らずに契約できるようにしています。これは、1本の住宅ローンで借り入れる普通のケースでもメリットになりますが、ペアローンを利用する場合は契約書が2部必要なので、2契約分の収入印紙代が節約できることになります

 

ペアローンを検討している人は、auじぶん銀行の住宅ローンのように印紙税を節約できる住宅ローンを選択肢に加えておくと良いでしょう。

 

ペアローンとは?

1つの住宅を夫婦や親子などの2人が住宅ローンをそれぞれの名義で組むことをペアローンと言います。

 

ペアローンを利用するとお互いが相手の債務に対する連帯保証人となって、マイホームの住宅のローンを返済していくことになります。なお、2人が住宅ローンを組んでいる状態になるので住宅ローン控除は2人とも利用することができます。

 

ペアローンのメリットはやはり借り入れ可能金額を増やせることです。もし、夫婦の年収が同じであれば借入限度額が単純計算で2倍になる可能性があります。

 

デメリットはどちらか1名が死亡したり高度障害になった場合に、住宅ローン残高が完全に0円にはならず、残された人の契約分の住宅ローンの返済義務が残るという点です。

 

このデメリットをカバーしてくれるのが連生団信でパートナーの片方に万が一のことがあった際に住宅ローン残高全額は保険金で弁済される団信ですが、残念ながらauじぶん銀行では取扱いがありません。(三井住友銀行やARUHIで取扱い)

 

また、契約が2つに分かれるので、司法書士、印紙など各種諸経費が多くかかってしまう点もデメリットの1つです。

 

ペアローンの団信

 

ペアローン・収入合算(債務連帯)の違いとは?

まず、「何が違うの?」と疑問に思う人が多い、ペアローンと収入合算の違いについて簡単に整理しておきましょう。

 ペアローン収入合算(債務連帯)
契約2人が別々に契約を結ぶ1人(主契約者)の名義で契約を結ぶ
メリット

2人がそれぞれ住宅ローン控除を受けられる

1人で契約するより借入額を増やせる

1人で契約するより借入額を増やせる

ペアローンを組めない人でも収入合算者になれるケースが多い

デメリット

司法書士、収入印紙など契約に関わる諸費用が2倍必要

二人とも住宅ローン審査に通る必要がある

持ち分の設定によっては贈与税がかかる可能性がある

連帯債務者は団信契約に関係がない

(例:契約者が夫である場合、妻に万が一のことがあっても基本的に団信の保障はない)

 

ペアローン利用時の団信はどうなる?

ペアローンは2人がそれぞれ住宅ローンを組むので団信の契約も2つ結ぶことになります。

別々の契約なので、死亡時や高度障害になった時に、その人の分の団信の保険金しか受けとることことができません。

 

なお、ペアローンの利用が夫婦で、いずれかに万が一のことがあった時に夫婦2人分の団信の保障を受けたいという人は、「夫婦連生団信」という団信をARUHI(フラット35)で取り扱っているので相談してみてください。

 

ペアローンの住宅ローン控除のメリットは大きい

ペアローンは2名の名義で住宅ローンの契約をするため、2名でぞれぞれ住宅ローン控除を活用できます。住宅ローン控除の上限は年間40万円(住宅ローン残高4000万円の1%)となりますが、2名で最大80万円の控除枠となります。節税効果の大きさは大きなメリットです。

 

auじぶん銀行のペアローンの特徴は?

婚約者・入籍予定者ともペアローンが組める!

多くの金融機関のペアローンは基本的に入籍している共働き夫婦を対象としていますが、auじぶん銀行では入籍予定者・婚約者とペアローンを組むことができます。住宅ローンのために入籍手続きを早める必要がないので結婚と共に新居に住んで共働きを続ける予定の夫婦にとって使いやすい利用条件と言えます。

親子でもペアローンが組める!

auじぶん銀行のペアローンは親子でも組むことができます。

 

LGBT(同性カップル)でもペアローンが組める!

auじぶん銀行の住宅ローンは2021年4月23日からペアローンを同性のパートナーで利用できるようになりました。なお、この改定で法的な婚姻関係のないLGBTのカップルでも住宅ローンを利用できるようになっていますが、利用するには同性パートナーと共同で作成した公的な証書の提出が必要なので事前に準備しておくようにしましょう。

 

疾病保障が豊富で万が一の備えが万全!

auじぶん銀行ではがんと診断されるだけで住宅ローン残高が50%になる「がん50%保障」と精神疾患以外の全ての病気とケガを保障する「全疾病」を無料で付帯させています。

男性、女性を問わず、日本人の多くががんになる時代ですので、がん疾病が無料で付帯するのは大きなメリットですね。

 

auじぶん銀行の全疾病保障の保障内容の詳細はこちらを確認ください

 

また、有料ですが、がん診断で住宅ローン残高がゼロになるがん100%保障団信、11疾病保障(がん、糖尿病・高血圧性疾患・腎疾患・肝疾患・慢性膵炎・脳血管疾患・心疾患・大動脈瘤および解離・上皮内新生物・皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がん)団信など豊富な疾病保障を取り扱っています。

ご夫婦で住宅ローンを組むからには万が一の備えを徹底したいという方にも嬉しい商品ラインナップと言えます。

なお、ペアローンを組む人には「夫婦平等の考えのもとお財布や資産を分別管理していくため」という人もいますが、希望する借入金額を増やすため(片方の収入だけでは希望するマイホームが買えない)だと思います。家計におけるローン返済の割合が多くなってしまいがちなので、将来の不測の事態にはできるだけ備えておく必要があります。その点でもauじぶん銀行の住宅ローンは優れていると言えます。

日本人の2人に1人ががんになる

 

印紙代が不要!4万円も節約に?

住宅ローンの契約書を紙で行うと、住宅ローン契約金額が1,000万円以上5,000万円未満の場合、2万円の収入印紙を貼る必要があります。ペアローンですと、契約書が2通必要となるので、合計で4万円のコストとなります。

auじぶん銀行の住宅ローンはサービス導入時からネット完結型の住宅ローンを展開しているからこそ実現できるメリットと言えます。

 

【最後に】ペアローンの注意点・デメリット

最後にペアローンに関する注意点、デメリットについていくつか紹介しておきます。

ご夫婦の継続的な収入の有無/育休中も住宅ローンの返済が必要

ご夫婦でペアローンを組んだ場合、例えば奥さまが妊娠をして育児休暇(育休中)をとっている最中でも今まで通り住宅ローンを返済する必要があります。こようなケース以外にも、病気やケガなどで夫婦のどちらかが仕事を続けられない状態になった時に、片方の収入だけでローンの返済を続けられるかも考えながら資金計画を立てるようにしましょう。

 

別居や離婚することになったら?

別居や離婚することになった場合、最終的にマイホームを売却することで合意したとしても、マイホームの売却価格が住宅ローン残高より少ない場合、家を売るときに追加でお金を用意しなければならなくなります。

新生活をそれぞれ開始していくタイミングでもあり、資金を用意できない場合、夫婦のいずれかが住み続けて凌ぐといった対応に迫られる可能性があります。そのようなことにならないように最初の借入金額をできるだけ少なくしたり、繰り上げ返済を積極的に行うようにしましょう。

 

ペアローンの割合に注意

ペアローンと言っても、ローンの割合は様々です。例えば、登記では半々なのに住宅ローンの持ち分が極端に違うと贈与税の支払いを求められることもありますので、あまり極端なことはやらないほうが良いでしょう。

 

【参考】ペアローンを取り扱いしているおすすめの主要金融機関

ソニー銀行SBIマネープラザ(住信SBIネット銀行)イオン銀行
ARUHI新生銀行住信SBIネット銀行
三菱東京UFJ銀行みずほ銀行横浜銀行
福岡銀行三井住友信託銀行武蔵野銀行
北洋銀行千葉銀行その他・多数

【徹底解説】auじぶん銀行の住宅ローン関連特集

Pocket
LINEで送る