Pocket
LINEで送る

住宅金融支援機構と民間金融機関が提携し提供されているフラット35ですが、ネット上には「au住宅ローン フラット35」「じぶん銀行 フラット35」と検索されている方が一定程度いるようです。

今回はじぶん銀行やau住宅ローンでフラット35は取り扱いされているか?について触れていきたいと思います。

結論から申し上げるとじぶん銀行au住宅ローンでフラット35の取り扱いはありません。

せっかくなのでじぶん銀行au住宅ローンとフラット35を銀行業界でもっとも取り扱い実績シェアの楽天銀行のフラット35で商品性や審査面での比較をしてみたいと思います。

なお、au住宅ローンはじぶん銀行の住宅ローンをauユーザー向けに提供している住宅ローンであり、商品スペック自体はじぶん銀行の住宅ローンと同じです。

 

au住宅ローンとフラット35の商品性について

 

au住宅ローンじぶん銀行

楽天銀行(フラット35)
金利タイプ変動金利、固定2年、固定3年、固定10年、固定15年、固定20年、固定30年、固定35年を取り扱い固定15年以上のみを取り扱い
 団信ワイド団信(金利年0.3%上乗せ)、一般団信を取り扱い 

 新機構団信を取り扱い※身体障害も保障

 疾病保障がん50%保障、がん100%保障(金利年0.3%上乗せ)、11疾病保障 (金利年0.3%上乗せ)、 新3大疾病(金利年0.24%上乗せ)、
 来店必要性来店不要、ネット完結型 来店不要
 住宅ローン審査期間仮審査最短当日、契約最短10日  事前審査最短翌日回答、契約最短35日
 融資事務手数料ローン契約額の2.16%  ローン契約額の0.972%~
 利用できる職業正社員、派遣社員、契約社員、自営業者・個人事業主、会社役員など パート、アルバイトも利用可能 
 審査の年収基準200万円以上  100万円未満でも利用可能
 キャンペーン

auユーザーなら毎月500円のキャッシュバックが最大60ヶ月

auユーザーならauでんきの利用でau walletポイント1万ポイントをプレゼント

Skypeでの住宅ローン相談で5,100ポイントプレゼント

エントリーと新規購入で10,000ポイントプレゼント

金利タイプについて

金利タイプについてはじぶん銀行au住宅ローンが全タイプの住宅ローン金利を取り扱う一方、フラット35では固定15年以上の金利タイプしか提供していません。

じぶん銀行au住宅ローンの2018年9月の変動金利は年0.457%となっていますが、楽天銀行(フラット35)は年1.29%と3倍近い水準です。

当面低金利が続くと考え変動金利を選択するか、低金利のうちに固定金利を借りるかは判断が分かれるところですね。

両者の折衷点としてはじぶん銀行au住宅ローンは10年固定金利を年0.670%と国内最低水準を実現していますにでこちらを利用するのも良い案と言えるのではないでしょうか。

住宅ローンの金利タイプについて

団信・疾病保障について

続いて、団信と疾病保障についてです。保障面の取り扱い幅ではじぶん銀行au住宅ローンに軍配があがった感じですね。保障料無料でがんと診断されただけで住宅ローン残高が半分になるがん50%保障団信を付帯しているほか、健康状態に問題があり一般団信に加入できない方向けに加入条件を緩和したワイド団信も取り扱っています。

じぶん銀行au住宅ローンのワイド団信はクレディ・アグリコル生命というヨーロッパ大手の保険会社が引き受けを行っており、クレディ・アグリコル生命では下記のような病気で団信の引き受け実績があります。

病気の種類おもな病名
代謝異常糖尿病、脂質異常症(高脂血症・高コレステロール)、高尿酸血症・痛風
心臓・血圧狭心症、心筋梗塞、不整脈、心房細動、期外収縮、心臓弁膜症、高血圧症、血栓性静脈炎(静脈血栓症)
脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)、脳動脈瘤、てんかん、ギランバレー症候群
精神・神経うつ病・うつ状態、自律神経失調症、適応障害、不安障害、強迫性障害、パニック障害、睡眠障害、神経症
食道・胃・腸潰瘍性大腸炎、クローン病、逆流性食道炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、大腸ポリープ
肝臓・胆道・膵臓肝炎・ウイルス肝炎(B型肝炎・C型肝炎)、肝機能障害、脂肪肝、胆石、胆嚢ポリープ
腎臓と尿路腎炎・糸球体腎炎、IgA腎症、腎臓機能障害、腎臓結石、蛋白尿、ネフローゼ症候群
呼吸器(胸部)喘息、気管支炎、肺炎、肺血栓塞栓症、結核、睡眠時無呼吸症候群
目・耳・鼻緑内障、白内障、網膜剥離、難聴、副鼻腔炎
ホルモン・免疫異常バセドウ病、甲状腺機能低下症、リウマチ性疾患、橋本病、全身性エリテマトーデス
血液・造血器の病気・異常貧血、赤血球・白血球の異常
妊娠・女性特有妊娠、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮頸部異形成、子宮内膜炎

au住宅ローンのがん50%保障団信

au住宅ローンのがん50%保障団信の保障イメージ

 

住宅ローン審査期間について

こちらもじぶん銀行au住宅ローンに軍配があがりました。日本で始めてネット完結型の住宅ローンを提供し、来店はもちろん、必要書類を郵送することも撤廃したことで、最短10日で契約が完了するという脅威のスピード感を実現しています。2018年7月現在、住信SBIネット銀行やイオン銀行もネット完結型住宅ローンの取り扱いをしていますが、最短10日にはほど遠い状況になっています。

au住宅ローンの特徴

住宅ローン審査 職業や年収について

こちらは公的な住宅ローンである楽天銀行(フラット35)に軍配があがりました。パート・アルバイトでも住宅ローンを組めるのは、フラット35が住宅金融支援機構という公的な機関が関わる住宅ローンだからです。今後も民間金融機関でここまで住宅ローン審査が寛容になることはないのではないでしょうか。

 

au住宅ローンのキャンペーンにも注目!

auでんきの利用で1万ポイントもらえるキャンペーンも実施中ですのでお見逃し無く!

au住宅ローンのauでんきキャンペーン

 

au住宅ローンや楽天銀行のより詳細な情報は下記を一読ください。

楽天銀行の住宅ローンの落とし穴とデメリット(フラット35・金利選択型)

じぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】

【徹底解説】じぶん銀行の住宅ローン関連特集