千葉銀行のロゴ画像

千葉銀行は、千葉県千葉市中央区に本店をおく地方銀行です。
県内の多くの市町村の指定金融機関で、預金額・貸出額ともに県内で最大のシェアをもっているだけでなく、単独の地方銀行としては総資産で第2位の規模を誇る大きな地方銀行です。
住宅ローンでも、千葉県内に本店をおく金融機関では住宅ローン残高シェアNo.1(千葉銀行調べ)となっています。

そんな千葉銀行の住宅ローンはどんな商品でしょうか。
金利や申込み基準などの審査に関する内容、団信などの保障面など、千葉銀行の住宅ローンの特徴を解説します。

千葉銀行の住宅ローン金利

千葉銀行の住宅ローン 2019年10月適用金利 新規借り入れの場合

変動金利3年固定5年固定10年固定
0.725%0.800%1.000%0.950%

千葉銀行の住宅ローン 2019年9月適用金利 借り換えの場合

変動金利3年固定5年固定10年固定
0.725%0.800%1.000%0.950%

注目ポイント

checkネットで簡単に事前審査
インターネットで可能な住宅ローンの事前審査は最短で即日審査でスピーディー
 
check充実した相談体制
土日・祝日も相談可能な住宅ローンセンターを営業
 
check豊富な住宅ローンのバリエーション
新築・借り換えはもちろん、リフォーム・親子リレー住宅ローン、千葉への移住・定住促進プランなど
 
check保障面でも豊富なバリエーション
一部繰り上げ返済手数料や金利タイプ変更手数料がインターネットバンキングなら無料

千葉銀行の住宅ローン概要

千葉県内で住宅ローン取扱い額がNo.1の住宅ローンはどんな商品でしょうか。

選べる住宅ローンベストチョイス21

千葉銀行のベストチョイス21では様々なシチュエーションに応じた住宅ローンを用意しています。

  • 新築・新規購入コース
  • 借り換えコース
  • 住み替えコース
  • リフォームコース
  • 移住・定住促進プラン
  • 親子リレー住宅ローン

移住・定住促進プランは、自治体が実施する移住・定住に係る助成制度を利用し千葉県内に移住・定住をするための住宅取得・住み替え・増改築・改修を行う方向けのプランになります。
この他にも、エコ住宅ローンや耐震住宅ローン、子育て応援住宅ローン、中には「ちばの木活用住宅ローン」では、千葉県産木材「ちばの木」を使用した住宅を新築・購入する場合に金利優遇が受けられるなどユニークな住宅ローンも用意されています。

住宅ローン事前申し込みサービス

千葉銀行では窓口からだけでなく、インターネットからも住宅ローンの事前審査にも仕込むことが出来ます。

千葉銀行の事前申し込みサービスの手順を説明した画像

団信や保障

千葉銀行の住宅ローンは団信への加入が必須で保険料は無料となっています。
団信以外にも、金利上乗せにはなりますが、3種類の特約とワイド団信が用意されています。

千葉銀行の住宅ローン 団信と特約などの保障
保障の種類必要な金利保障内容
団信
(団体信用生命保険)
なし死亡または所定の高度障害、余命6ヶ月以内と判断された場合に住宅ローン残高が0円になる保障です。
11疾病団信0.2%上乗せ団信の保障に加え、がんと診断確定された場合、さらに10種の生活習慣病で180日以上継続して入院した場合に住宅ローン残高が0円になる保障です。
3大疾病団信0.3%上乗せ団信の保障に加え、がんと診断確定された場合、「急性心筋梗塞」・「脳卒中」を発病し、60日以上所定の状態が継続した場合、または治療のための手術を受けた場合に住宅ローン残高が0円になる保障です。
がん団信0.1%上乗せ団信の保障に加え、がんと診断確定された場合に住宅ローン残高が0円になる保障です。
ワイド団信0.3%上乗せ通常の団体信用生命保険よりも引受範囲を拡大した保障です。

審査基準

千葉銀行の住宅ローンの商品概要をみてみましょう。

千葉銀行の住宅ローン 商品要項
利用できる人 ・移住、定住先の所在地が千葉県内の方。
・市町村が取扱う移住、定住促進制度等の利用が確認できる方。
・借入時の年齢が満20歳以上満70歳未満の方で最終返済時の年齢が満80歳未満の方。
・安定継続した収入がある方。
・ちばぎん保証株式会社の保証を受けられる方。
・千葉銀行所定の団体信用生命保険に加入できる方。
※これらの条件をすべて満たす方
資金使途 本人または親族が所有する居住の住宅に関する次の資金にご利用いただけます。
・住宅新築資金
・土地付住宅購入資金(中古物件を含む)
・マンション等の集合住宅購入資金(中古物件を含む)
・住宅用土地購入資金
・増改築資金、改装、補修資金(マンションの共用部分の修繕工事負担金を含む)
・住宅取得または増改築に伴う次の資金
借入金額8,000万円以内(10万円単位)
手数料 ・融資取扱手数料:55,000円
・金利タイプ変更手数料:5,400円
・一部繰上返済:33,000円
・全額繰上返済:33,000円
 (インターネットからの手続きで一部繰上返済手数料は無料)
保証料 620,640円(3,000万円の借り入れで35年返済の場合)
※借入額と返済期間により変わります。

千葉銀行の住宅ローンを利用できる人の項目では、収入に関して「安定継続した収入がある方」とあるだけで、年収による制限や、職業形態による制限はありません。ある程度の安定した収入がある方であれば、契約社員・派遣社員、個人事業主や自営業の方でも申込むことが可能です。

 
千葉銀行の住宅ローンは、バラエティに富んだ住宅ローンが揃っていますが、金利に関してはネット銀行よりも高めに設定されています。
保障面でも11疾病団信など手厚い保障が用意されていますが、付帯するには金利の上乗せが必要になります。
千葉銀行で用意されている保障プランは、ネット銀行でも同じ金利上乗せで用意されています。もし、千葉銀行の疾病保障を住宅ローンに付帯するなら、金利の低いネット銀行の方が、金利を上乗せしても低い金利で借り入れることが可能です。

また金利上乗せなら疾病保障はいらないという方であれば、なおさら低い金利のネット銀行の住宅ローンを選ぶことをおすすめします。ネット銀行の住宅ローンには、疾病保障を金利上乗せなしの無料で付帯している住宅ローンも用意されているため、移住・定住促進プランを使いたいなど、特に千葉銀行にこだわる理由がなければ、ネット銀行の住宅ローンの内容をいちぼみてみることをおすすめします。

 

 

 千葉銀行 口コミ・レビュー

千葉銀行の口コミの投稿はまだありません。

 
口コミの投稿をする

 

<住信SBIネット銀行の関連記事>
【最新】住信SBIネット銀行の住宅ローン金利動向・金利推移
住信SBIネット銀行の住宅ローン(ネット専用住宅ローン)の詳細
住信SBIネット銀行の住宅ローンの落とし穴・デメリットとは?
住信SBIネット銀行 住宅ローンの審査基準とは?厳しい?期間、落ちた理由、年収は?
【最新】住信SBIネット銀行の住宅ローン累計取扱額
SBIマネープラザの住宅ローン(MR.住宅ローンREAL)の審査は厳しい?甘い?
SBIマネープラザの住宅ローンを徹底解説!メリット・デメリット、評判は
住信SBIネット銀行・じぶん銀行・楽天銀行の住宅ローンの無料の疾病保障を徹底比較!
 

Pocket
LINEで送る