住信SBIネット銀行の2016年4月の金利に注目です。

新年度に入り、各銀行ともに低金利での借入れ、借り換えユーザーの獲得競争が激化しています。そんな中で、住信SBIネット銀行は、変動金利は、新規借入れなら0.568%、借り換えなら0.566%、10年固定金利は0.640%と驚異的な低金利で住宅ローンを提供しています。

住信SBIネット銀行の詳しい情報はこちら

住信SBIネット銀行住宅ローンの最大の特徴

住信SBIネット銀行は、住友信託銀行(三井住友信託銀行)とSBIホールディングスが出資して設立されたインターネット専業銀行で、新規借入れ、借り換えのどちらのユーザーにも高い人気を持つネット銀行です。その人気の要因とも言える最大の特徴はなんでしょうか。

団信・8疾病保障の保険料が無料!

住信SBIネット銀行の最大の特徴は何と言っても、団信だけでなく8疾病保障が無料で付帯することでしょう。死亡、高度障害での保障は一般的ですが、「8疾病保障付き住宅ローン」は、下記の場合にもローン残高が0円になります。

8疾病保障とは、

  • ガン・脳卒中・急性心筋梗塞で、所定の状態が60日以上継続
  • 高血圧・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎で就業不能状態が12ヶ月を超えて継続

上記の場合にローン残高が0円になる保障です。

住信SBIネット銀行の8疾病保障

他の銀行でも、8疾病保障は付帯することができますが、付帯するには住宅ローン金利に0.3%が上乗せになり、約200万円くらい返済額が増してしまいます。この保障に無料で加入できることは、住信SBIネット銀行の最大のメリットと言えるでしょう。さらに「女性限定がん診断給付金特約」などの保障も充実していて、生命保険などの見直しをすれば保険料の節約も可能です。

住信SBIネット銀行は、低金利と手厚い保障で、新規の借入れだけでなく、借り換えをお考えの方にも注目の住宅ローンです。

住信SBIネット銀行 公式サイトへ

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る