1月は20年以内の金利を引下げた「フラット35」ですが、その「フラット35」を扱う金融機関でどこよりも低い金利を提示している楽天銀行が、「フラット35」への借り換えで楽天スーパーポイントをプレゼントするキャンペーンを開始しています。

抽選で、2人に1人に2万円相当の楽天スーパーポイントをプレゼント!

楽天銀行フラット35借り換えキャンペーンのバナー

キャンペーン対象者

  1. WEB申込期間中にエントリーボタンより本キャンペーンにエントリーすること
  2. WEB申込期間中に、「フラット35」による借り換えのWEB申込をすること
  3. 借入期間中、「フラット35」による借り換えを行うこと
  4. 借入期間中に楽天スーパーポイント口座の登録を完了すること

キャンペーン期間

WEB申込期間:2017年1月5日~2017年2月28日
借入期間:2017年1月5日~2017年4月30日

このキャンペーンでプレゼントされる楽天スーパーポイントは2017年6月末日に、2017年11月末まで使える期間限定のポイントになります。

楽天銀行の「フラット35」の1月の適用金利は、
15~20年固定金利:1.020% (前月よりマイナス0.1%)
21~35年固定金利:1.120% (前月よりプラス0.02%)

「フラット35」から「フラット35」への借り換えも可能です。
その場合には、現在返済中の金利が1.600%程度であれば借り換えにより返済額を減らせる可能性があります。シミュレーターで試算してみましょう。

楽天銀行「フラット35」の注目ポイント

check「フラット35」はトップクラスの低金利

15~20年固定金利:1.020% 21~35年固定金利:1.120%

check保証料・繰上げ返済手数料無料

事務手数料は楽天銀行を支払口座にすれば借入金の1.08%

checkつなぎ融資も利用可能

最大3回分割で利用できるつなぎ融資が可能。

「フラット35」は販売している銀行によって金利の幅があるのですが、楽天銀行はその中でも最低水準の金利となっています。
その上、事務手数料も通常1.5%、楽天銀行を支払口座にするとさらに割安な1.08%と、普通の銀行の事務手数料2.16%と比較しても最低水準です。

そして、ネット銀行では珍しいskypeで土日を含む22時まで相談が可能な点もうれしいですね。
特に住宅ローンの借り換えでは、何度シミュレーションをしても専門家の意見を聞きたくなるものですから是非活用しましょう。

さらに、楽天銀行の住宅ローンに借り換えると、楽天市場などでお買い物をした際のポイントが5倍になるキャンペーンを行っています。
良く楽天市場などでお買い物をする方にはメリットになりますね。

楽天銀行「フラット35」のメリット・デメリットを徹底分析したこちらの特集記事も参考にしてみて下さい。
>>楽天銀行の住宅ローンの落とし穴とデメリット(フラット35)

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る