Pocket
LINEで送る

FCバルセロナとのスポンサー契約、携帯キャリア事業への参入、ネットスーパー事業での世界最大の小売企業ウォルマートとの提携、auと決済・物流・通信で提携などで話題が尽きない楽天グループ。

楽天グループでは金融サービスにも力を入れおり、楽天証券・楽天生命・楽天Edyなど多くの金融サービスを提供する企業が楽天グループの傘下で活躍しています。その中核ともいえるのが楽天銀行。楽天銀行は2018年10月に680万口座を突破し日本最大規模のネット銀行として2位以下との差を順調に広げています。

 

最新の楽天銀行の住宅ローンのポイントキャンペーンはこちら

 

楽天グループでは楽天スーパーポイントを各グループ企業を繋ぐポイントサービスとして提供しています。楽天銀行の住宅ローンも例外ではなく楽天スーパーポイントをもらえたり貯まりやすくなったりする住宅ローンを提供しています。

今回は楽天銀行の住宅ローンを利用することで、楽天スーパーポイントがよりたくさん貯まる、もらえる裏技を紹介していきたいと思います。

楽天銀行の住宅ローンのポイントキャンペーンは期間限定のものが大半となっており、常に最新の情報を確認していきましょう。

 

最新の楽天銀行の住宅ローンのポイントキャンペーンはこちら

 

楽天スーパーポイントの説明

なお、楽天銀行ではフラット35金利選択型という2種類の住宅ローンを取り扱っていますが、楽天スーパーポイントがもらえる、貯まるという視点では大差ありません。

 

楽天銀行はフラット35を取り扱う全国の銀行の中でNo1の実行件数を達成、2018年8月にはオリコンのオリコン顧客満足度ランキング 住宅ローン 「全期間固定・フラット35」で第1位の満足度を獲得する程、利用者数と満足度指数を両立させています。

こうした確かに実績・評判に加えて楽天スーパーポイントがもらえたり、貯まりやすくなったりするのはうれしいですね。

オリコン顧客満足度ランキング、フラット35部門
楽天銀行のフラット35シェア

本サイトではフラット35と金利選択型のメリットやデメリットをまとめた記事を用意していますので、そちらも一読いただければと思います。

 

 

1.住宅ローンの借り入れでもれなくor抽選で楽天スーパーポイントプレゼント

通常ほぼ毎月実施されていますが、2018年11月は実施されず。

 

2.ハッピープログラムでポイントGET!

楽天銀行ではハッピープログラムという顧客の利用頻度に応じた会員ステージのプログラムを提供しています。住他ローンの契約があると自動的にステージが1つアップします。

VIP以上のステイタスだと楽天銀行の取引で得られるポイントが3倍になります。例えば、他行からの振込み、給与受け取り、手数料料を伴うATMおよび他行振込みなどで3ポイントもらえます。

そもそもVIP以上だとATM利用料回数、他行振込みでかなりの優遇となるので銀行がらみのコストをかなり抑えられると思われます。

楽天銀行のハッピープログラム

 

楽天銀行のハッピープログラム獲得ポイント
 
 

3.フラット35から楽天銀行フラット35への借り換え相談で最大5,100ポイントプレゼント

楽天銀行のフラット35への借り換えを相談するだけで最大5,100ポイントがもらえるキャンペーンを実施中です。

1.2015年12月以前にフラット35を契約していること
2.現在のフラット35の借入残高が2,000万円以上あること
3.楽天IDをもっていること

という3つの条件に当てはまると本キャンペーンの対象となります。

楽天銀行のフラット35への借り換えで楽天スーパーポイントプレゼント

 

4.オマケ情報

楽天銀行で楽天ポイントがもらえる情報ではありませんが、楽天市場ば定期的に開催する「お買い物マラソン」「スーパーSALE」で楽天ポイントが最大10倍になるキャンペーンも楽天ポイントファンであれば見逃せません。

直近のキャンペーン動向を見ていると毎月第1土曜日からこうしたキャンペーンが開催されています。

 

5.楽天キャッシュのキャンペーンについて

楽天銀行では過去に同行の住宅ローン利用で楽天キャッシュを最大20万円分もらえるキャンペーンを実施していましたが、現在は終了しています。

再開のタイミングでは当サイトでいち早くご紹介していきたいと思います。

楽天銀行の住宅ローンで楽天キャッシュプレゼント

 

楽天ポイントの活躍について

楽天スーパーポイントはマクドナルド、ダイコクドラッグ、プロント、ミスタードーナッツ、出光、上新電機、ツルハドラッグ、くら寿司、ビックカメラ、デイリーヤマザキ(予定)などのリアル場面で利用できる機会が急拡大しており、楽天証券では投資信託の購入が可能、楽天Edyとの交換も可能、楽天ペイで楽天ポイントが利用した支払いが可能、楽天ポイントを楽天カードの支払いに充当できるなど極めてお金に近い存在になりつつあります。

2018年7月には大手飲食店予約サイトである「ぐるなび」への出資、ぐるなびポイントを楽天スーパーポイントに移管することを発表しています。いずれ、印象店の支払いを楽天スーパーポイントでできるようになるようになるかもしれませんね。

楽天銀行の住宅ローンを利用しながらこうしたメリットのある楽天スーパーポイントをうまく貯めていきたいですね。

楽天スーパーポイントで投資信託を購入
 
 
 
 

【参考】楽天スーパーポイントの効率的な貯め方

楽天市場が2017年10月より大幅にサービスを拡充したのが、楽天スーパーポイントアップ(SPU)です。このポイントサービスは一定の条件をクリアすることで楽天市場でのポイントが最大15倍になるものです。いわゆる還元率が15%となるということですね。

ポイントがアップする各種サービスについて解説していきます。

サービス名内容倍率月間ポイント付与上限
楽天カード楽天市場の買い物での買い物金額に対しポイントアップ2%5000
楽天ゴールド・プレミアムカード楽天市場の買い物での買い物金額に対しポイントアップ2%15000
楽天カードの支払いを楽天銀行に指定楽天銀行の口座から楽天カード利用分を引き落とし1%ダイヤモンド会員:15,000ポイント、プラチナ会員:12,000ポイント、 ゴールド会員:9,000ポイント、シルバー会員:7,000ポイント、その他会員:5,000ポイント
楽天市場アプリ楽天市場アプリで買い物をするとその買い物金額に対しポイントアップ1%
楽天証券月1回の500円以上のポイント投資1%5000
楽天モバイル通話SIMの契約2%5000
楽天TV楽園TVのNBAまたはパリーグspecialの加入1%ダイヤモンド会員:15,000ポイント、プラチナ会員:12,000ポイント、 ゴールド会員:9,000ポイント、シルバー会員:7,000ポイント、その他会員:5,000ポイント
楽天ブランドアベニュー楽天ブランドアベニューでの買い物1%

楽天ブックス・楽天kobo

月合計2000円以上の買い物1%
楽天楽天トラベル楽天トラベルの利用1%
楽天ビューティー月1回1500円以上の利用1%

楽天市場のスーパーポイントアップ(SPU)

 

 

<「フラット35」おすすめ関連コンテンツ>
>>「フラット35」の金利はどうなる?金利の動向と予想
>>「フラット35」金利比較ランキング
>>「フラット35」から「フラット35」への借り換えでいくらお得?
>>楽天銀行の住宅ローン「フラット35」の落とし穴とデメリット
>>アルヒ(ARUHI)の住宅ローン(フラット35)の評判・口コミについて
>>借り換えで大人気の「フラット35」 楽天銀行とARUHIの「金利・事務手数料」を比較
>>住宅ローン残り20年の借り換えはどっち?「フラット35」vs 20年固定金利