オリコン日本顧客満足度ランキングは、実際に過去5年以内に住宅ローンの借り換えをした利用者にアンケートを行い、ランキングを作成しています。
住宅ローン借り換えのランキングでは、8つの項目について回答者総数5,524人の評判で順位が決まっています。

それではオリコン日本顧客満足度ランキング上位5位までの順位を見てみましょう。

第1位 ソニー銀行 (80.22点)
ソニー銀行はこのオリコン日本顧客満足度ランキングで2011年から6年連続で不動の1位です。
今回の調査でも、8項目中7項目で1位を獲得し、総合でも1位となっています。

第2位 イオン銀行 (75.42点)
低金利・保証料無料・団信保険料無料・繰上げ返済手数料無料で人気のイオン銀行が2位になりました。
8項目中1位は1つだけでしたが、2項目で3位以内に入っています。

第3位 新生銀行 (73.07点)
低金利でかつ、少なくて済む諸費用が、借り換えユザーの人気をつかみ3位に入っています。

第4位 三井住友信託銀行 (72.18点)
信託銀行の最大手ですが、住宅ローンにも力を入れている三井住友信託銀行が4位です。
大手銀行にもかかわらず、金利と融資内容でで3位に入っています。

第5位 七十七銀行 (71.54点)
仙台を中心とした地方銀行である七十七銀行が5位に入っています。
担当者と手続きで2位に入るということは、相談や対応が好印象ということでしょう。

オリコンのアンケート調査では、金利や融資内容手数料・保証料と言った項目の他に、手続きや担当者と言った項目があるため、ネット銀行の中でも相談窓口のある店舗を持っている銀行が、上位でランクインしているようです。
7月・8月で大幅に金利を引き下げて、借り換えユーザーの絶大な人気を集めているりそな銀行の「りそな借りかえローン」がランクインしていないのは、調査期間が2016年6月13日までということが関係しているようですね。

また、住信SBIネット銀行じぶん銀行は、金利や諸費用・付加サービス面では今回のアンケートの上位の銀行に見劣りはしませんが、手続きに関してはインターネットで完結し、電話やメールでの相談となるため今回のアンケートでは上位にランクインできなかった要因かもしれません。
これは利用者がどちらかを優先するかですが、この2行は手続きは自分でしなければなりませんが、その代わりに金利が低いメリットがあるのが特徴です。

これから借り換えを考えている方は、8月の最新金利も加味している住宅ローン比較ネットの「住宅ローン借り換え比較ランキング」も参考にしてみてください。オリコンのアンケートとはちょっと違った結果になっています。

<参考>オリコン日本顧客満足度ランキング
住宅ローン 借り換え

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る