最近TVコマーシャルやニュースなどでよく耳にする「リバースモーゲージ」とは何でしょうか。

リバースモーゲージとは?

リバースモーゲージとは、「持ち家を担保に老後の資金を受け取れるローン」です。つまり、自宅に住みながら、その自宅を資産として現金化し、老後の生活資金を一括または年金の形で借りられる金融サービスです。契約者が亡くなった時に、担保となっている自宅や土地を売却して借り入れ金と利息を清算する仕組みです。融資を受けながら、最後に抵当物件を手放すという意味で「リバース」という言葉が使われています。

海外では一般的なリバースモーゲージですが、最近日本で注目されるのは超高齢化社会への進展が要因です。日本では、年齢が上がるほど持ち家率が増加しますが、持ち家はあるが現金はないという層も増加する傾向にあるため、家を手放さずに現金を手に入れる手段としてリバースモーゲージに注目が集まっています。

リバースモーゲージのメリット

  • 自宅や土地などの不動産を所有していても現金収入が少ない高齢者にとっては、公的年金のような形で毎月生活資金を受け取れるので余裕のある老後生活を送ることが可能。
  • 住み慣れた自宅を手放す事なく融資が受けられ、契約者本人が死亡した時点で自宅が売却されるので、相続者がいない場合などは特にメリットが大きい。
  • 少子高齢化社会における公的年金制度への依存度を減少し、シニア世代の消費活性化、不動産の流動化による経済効果などが期待できる。

リバースモーゲージのデメリット

  • 契約後に金利が上昇した場合、担保割れをおこすおそれがある。
  • 不動産価格が予想以上に下落した場合に担保割れをおこす可能性がある。

また、日本では伝統的に、「子供が親の面倒を見る」、「親の家の後を継ぐ」という考え方が根強いために、自宅を担保に生活資金を借りるという考え方が想像しづらいという国民性がリバースモーゲージの普及があまり進まない要因と考えられています。

長期生活支援資金貸付制度

長期生活支援資金貸付制度は、平成15年4月より厚生労働省が導入したもので、仕組みは自治体主導のリバースモーゲージ制度と同じです。実施主体は、都道府県社会福祉協議会であり、申込み先は市町村の社会福祉協議会となっています。

この長期生活支援資金貸付制度とは、現在所有し居住している自宅に今後もずっと住み続けたいと考えている低所得層の高齢者に対して、その不動産を担保に生 活資金を貸付ける制度です。毎月一定額を受け取り、最後に不動産を処分して貸付金を清算する仕組みになっています。

最近では、民間銀行でも従来のリバースモーゲージの問題点を改善した商品が販売されています。リバースモーゲージを検討している方は要チェックです。

東京スター銀行 「充実人生」新型リバースモーゲージ
三井住友信託銀行 リバースモーゲージ

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る