地震保険では、どの程度の保険金が支払われるのでしょうか。

損害に応じて3つの区分される

地震保険を契約していても、地震被害を受けたら誰でも保険金を受け取れるわけではありません。損害は下記の3つの区分に分けられ、それぞれに応じた保険金が支払われることになります。半損と一部損の差が大きいのは、基本的に大きな被害を受けた人を救う目的のための措置となります。

全損(100%)の場合

損害の状況

  • 建物
    建築時価の20%以上の損害
    建物の延べ床面積の70%以上の損害
  • 家財
    家財時価の80%以上の損害

支払われる保険金

契約金額の100%(時価相当が限度)

半損(50%)の場合

損害の状況

  • 建物
    建築時価の20%以上50%未満の損害
    建物の延べ床面積の20%以上70%未満の損害
  • 家財
    家財時価の30%以上80%未満の損害

支払われる保険金

契約金額の50%(時価の50%相当が限度)

一部損(5%)の場合

損害の状況

  • 建物
    建築時価の3%以上20%未満の損害
    床上浸水または地盤面から45cmを超える浸水
  • 家財
    家財時価の10%以上30%未満の損害

支払われる保険金

契約金額の5%(時価の5%相当が限度)

保険金の上限

火災保険(主契約)金額の 30~50%かつ、建物5,000万円、 家財1,000万円まで

保険金が支払われない例

  • 損害の程度が一部損に至らない損害
  • 門・塀・垣のみに生じた損害
  • 地震等が発生した日の翌日から起算して10日を経過した後に生じた損害
  • 地震等の際における保険の対象の紛失・盗難によって生じた損害
    など

地震保険の対象は、住居として利用している建物に限られるので、工場や事務所専用の建物などや、1個または1組の価額が30万円を超える貴金属・骨董品・通貨・有価証券・預貯金証書・切手・印紙・自動車なども補償の対象外です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る