頭金とは購入物件の代金に当てる自己資金です。
そして、住宅ローンの場合、頭金は物件価格の2割は用意したほうがいいとされています。
なぜでしょうか?
一般的に住宅口ーンの貸出基準は、物件の担保掛け目(物件価格に占める借入額の比率)を物件価格の8割以下にするのが基本だからです。物件価格には2割ほど不動産業者の利益などが含まれていて、購入直後に物件を売却したとしても2割ほど値下がりしてしまいます。つまり金融機関は貸し倒れのリスクを避けるため2割の頭金が必要になります。
しかし、ネット銀行が普及してきた近頃では、住宅ローンを提供している金融機関のなかに「頭金なし」、つまり、物件価格の100%まで借り入れをすることができるものも増えてきています。
頭金は本当に必要なのでしょうか。

頭金はなぜ必要か

物件価格4,000万円の場合に頭金の割合でどのくらい返済総額に差がでるのかを試算してみました。
頭金の割合
頭金がなし(0%)の場合と20%の800万円では、毎月の返済額で約26,000円、返済総額では1,100万円以上の差がでます。このように頭金を用意することで、毎月の住宅ローン返済額と支払う住宅ローンの利息額を減らすことができます。また、毎月の返済額に余裕があれば住宅ローンの返済額を増やしたり、貯蓄した分を繰上げ返済に回したりすることが可能でしょう。
頭金800万円を用意できれば、支払総額が1,100万円以上減るとすれば、やはり頭金は重要なものでしょう。

point_icon
物件価格の2割程度の頭金を用意できれば、返済できなくなるリスクを減らし、返済総額も大幅に抑えられる

Pocket
LINEで送る