ローソンは25日、銀行業への参入に向けた準備会社を設立したと発表したました。

資本準備金を含む資本金は10億円でローソンが95%、三菱UFJ銀行が5%を出資となります。ローソンは銀行業への参入時期を明らかにしていないませんが、2018年中の実現を目指しているとみられています。
準備会社を通じて銀行業の免許取得など参入準備を進め、新会社「ローソンバンク設立準備」の会長には財務省出身の岩下正氏、社長には新生銀行の山下雅史常務執行役員が就任しています。

コンビニと銀行といえば、まず「セブンイレブン」でおなじみセブン&アイ・ホールディングスのセブン銀行が浮かびますね。
さらに同じ流通業界で言えばイオングループがイオン銀行で銀行業務に参入済みです。ローソンは流通大手として銀行業に参入する3社目の例となります。

現在は多くのコンビニが銀行のATMを設置しており、ローソンでは全国の店舗に約1万台が設置されています。しかし自社の銀行を持っていないため、提携先の金融機関の資金出し入れを主に行っているのが現状です。
将来的に住宅ローンを扱うことになるのかはまだわかりませんが、今後が楽しみですね。

流通業界ですでに銀行業務に参入しているイオン銀行は11月に10年固定金利を大幅に引き下げています。
12月は長期の固定金利の金利引上げが予想されていますが、すでに12月の適用金利を発表しているソニー銀行では、銀行の主力商品で人気の高い変動金利と10年固定金利を金利据え置きとしています。
金利引き上げの中でもこういった金利据え置きとなった住宅ローンを逃さないようにしたいですね。

最新の10年固定金利比較ランキングを住宅ローン選びの参考にしてみてください。

10年固定金利比較ランキング<2020年7月金利更新>
順位銀行名10年固定金利事務手数料無料の疾病保障申込み
1位auじぶん銀行のロゴ画像です0.550%

(当初期間引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信

全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


auじぶん銀行の10年固定金利は他の銀行よりも圧倒的に低い金利と、金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信全疾病保障の2つの疾病保障による手厚い保障ですで非常におすすめです。

2位ソニー銀行のロゴ画像です0.600%

(固定セレクト住宅ローン)

借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


ソニー銀行の固定セレクト住宅ローンは低金利と金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信が魅力です。
新規購入で自己資金10%以上を用意できれば更に低い金利の借り入れも可能になります。

3位0.800%

(当初固定金利タイプ)

55,000円(税込)~
165,000円

(税込)
安心保障付団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


新生銀行の特徴はやはり他の銀行よりも圧倒的に安い事務手数料です。他の銀行が何十万円と必要なところ55,000円(税込)~と業界でも屈指の安さとなっています。初期費用を抑えたい方におすすめの住宅ローンです。

4位ソニー銀行のロゴ画像です0.900%

(住宅ローン)

一律44,000円
(税込)
がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
5位SBIマネープラザのロゴ画像です0.740%

(当初引下げプラン)※2

借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障・
団体総合生活補償保険

が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
6位sumishinsbi_bank_83x420.760%

(当初引下げプラン)※1

借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
※1 審査結果によっては、表示金利に年0.1%上乗せとなる場合があります。
※2 審査結果によっては、表示金利に年0.1〜0.3%上乗せとなる場合があります。
10年固定金利比較ランキングの詳細はこちら

 

<注目の住宅ローン特集記事>
>>auじぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】

>>楽天銀行の住宅ローンの落とし穴とデメリット(フラット35)

>>りそな銀行 住宅ローン(借り換え)のメリットとは?

>>住宅ローン審査基準 通らない理由、落ちた理由が知りたい方必見/国土交通省 調査結果

>>[10年固定・フラット35] 固定金利を徹底比較

 
<住宅ローン比較ランキング>
>>借り換え比較ランキング

>>変動金利比較ランキング

>>10年固定金利比較ランキング

 

Pocket
LINEで送る