このキャンペーンは終了しました

期間限定で事務手数料無料キャンペーンを行っている新生銀行が、WEBからの住宅ローンの審査申し込みでAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを同時開催しています。

住宅ローンの申込みでギフト券がもらえる!

新生銀行のキャンペーンバナーです

WEBでも申込見の場合にはAmazonギフト券1,000分がプレゼントされます。
キャンペーン期間中に新生銀行のウェブサイトから審査を申し込むだけなので、新生銀行で住宅ローンを借り入れる方は忘れずに申込みましょう。

キャンペーン期間

2017年6月1日(木)~2017年7月18日(火)23:59まで

 
さらに同時に行われている「事務取扱手数料無料キャンペーン」の詳細をチェックしておきましょう。
どちらかと言えばこちらのキャンペーンのほうがユーザーの恩恵は大きいですからね。
 

パワースマート住宅ローン 事務取扱手数料無料キャンペーン

他の銀行の住宅ローンに比べて圧倒的に低い事務手数料を実現している新生銀行が、ただでさえ安い事務手数料を0円にするキャンペーンを開始しました。

申込期間中に住宅ローンを申し込み、かつ借入れ期限までに1,500万円以上を借入する方を対象に、事務取扱手数料(通常:108,000円・税込み)を無料に!
ただし、安心パックWをご希望の場合は、事務取扱手数料を54,000円(通常:162,000円・税込み)に割引になります。

元金が減るわけでもない手数料に出費をしなくてい良いことは、新規の借入れだけでなく借り換えを行う方には朗報じゃないでしょうか。

キャンペーン期間

申込み期限:2017年5月1日(月)~2017年7月31日(月)23:59まで
借入れ期限:2017年9月29日(金)まで

 
新生銀行の最大の特徴は他の銀行に比べて事務手数料が圧倒的に低いということです。
住宅ローンの諸費用で大部分を占める事務手数料が低いということは、諸費用そのものが低く済むということになりますね。

新生銀行の借入れに伴う諸費用の比較表

住宅ローンを借りるたびに事務手数料は必要になるため、事務手数料などの諸費用は現金で用意しなければならないことを考えると借り換えユーザーに特に人気が高いことも納得です。
新生銀行は元々他の銀行よりも事務手数料が安く済みますが、さらにゼロになるのはうれしいキャンペーンです。

期間限定なので気になる方は早めに申込をしておきましょう。

 
新生銀行の住宅ローンのメリット・デメリットを詳しく解説した下記の記事も参考にしてみてください。
>>新生銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る