一般的な住宅ローンは、購入した物件の引き渡し時に融資の実行を受けます。

しかし、購入した土地や住んでいた土地に注文住宅を建てる場合には、土地の購入資金や着工金・中間金など、建物の完成の前にある程度の資金が必要になります。
このときに自己資金で足りない資金を調達するのがつなぎ融資です。

今回はつなぎ融資の解説とつなぎ融資が利用できるおすすめの住宅ローンをピックアップしてみました。

つなぎ融資とは

冒頭でも少し触れましたが、つなぎ融資は融資が実行されるまでのあいだに組むことができるローンのことをいいます。

住宅ローンは、分譲住宅や建売住宅を購入した住宅の引き渡しと同時に融資の実行を受けます。しかし、注文住宅の場合には契約してから住宅の建築が始まります。この建築に必要な資金を自己資金で用意できれば何も問題ありませんが、そうでない場合には住宅ローンを建物の完成前に借り入れる必要があります。

住宅が完成するまでに一時的に建築資金を融資してくれるのがつなぎ融資になります。

つなぎ融資が必要になる場合

つなぎ融資が必要になる具体的な例をあげてみましょう。

  • 土地の購入資金が必要
  • 住宅建設の着工金・中間金が必要
  • 住宅の引き渡し時に融資の実行が間に合わない場合

土地を購入する場合

新しく購入した土地に注文住宅を建てる場合には土地を購入してからでないと建築が行なえません。
そのときの土地購入の代金を先に支払うためにつなぎ融資で資金の都合をつける場合があります。

注文住宅を建てる場合

注文住宅を建てる場合には、着工時に3割、上棟時に3割、完成後に残りの4割と段階的に建物の代金を支払う必要があります。
着工金・中間金を自己資金で都合できなければつなぎ融資で資金を用意することができます。

つなぎ融資が必要な場合のイメージ図です

引き渡しに融資の実行が間に合わない場合

建売住宅や分譲マンションの場合には住宅の引き渡し時に融資の実行が行われます。

申込みが遅れたり審査に予想よりも時間がかかるなど何らかの理由で融資の実行が、購入した住宅の引き渡しに間に合わない場合や、住宅を売却した資金で新しい住宅を購入しようとしたものの売却が遅れてしい、住宅の引き渡しに融資の実行が間に合わない場合につなぎ融資を行うことがあります。

つなぎ融資の注意点

つなぎ融資には回数や金額に制約があり金融機関により違いがあることに注意しましょう。
つなぎ融資の回数は3回まで、融資金額は住宅ローン借入金額の3割〜4割が上限、金利は2%〜4%としている銀行が多くなっています。

ARUHI(アルヒ)の「ARUHIフラットつなぎ」のつなぎ融資

<土地代金>
土地購入資金:100%以内

<建物代金>
着工金:建築請負契約金額の30%以内
中間金:建築請負契約金額の60%以内

また、つなぎ融資の金利分は融資金額から差し引かれるため、融資された金額は金利分少なくなって振り込まれます。この金利分は自分で用意する必要があるので注意しましょう。

つなぎ融資の金利は

つなぎ融資を取り扱っている銀行の多くが「フラット35」での借り入れが前提となっています。

つなぎ融資の金利と、その後返済を行うもの住宅ローンの金利をあわせて比較する必要があります。
つなぎ融資は返済まで最高で1年弱と金利が高くでもその影響は大きくありません。本体の住宅ローン金利を重視しましょう。

つなぎ融資のおすすめ住宅ローンは

ではつなぎ融資を利用するのに最適なおすすめの住宅ローンを紹介します。

ARUHI(アルヒ)の「ARUHIフラットつなぎ」

ARUHI(アルヒ)は「フラット35」は融資実行件数で10年連続No.1を誇っています。

この実行件数No.1を実現している要因は「フラット35」を最低水準の金利で提供していることに加えて、全国に150を超える店舗で専門家に対面相談できる体制、さらに仮審査で最短当日・本審査で最短3営業日という審査のスピードです。

 ARUHI(アルヒ)の「ARUHIフラットつなぎ」のここがメリット!
 ・金利は「フラット35」の最低水準
 ・全国に店舗を展開して専門家に対面相談が可能
 ・つなぎの資金交付は最大4回まで
 ・申込みから実行まで最短5営業日
 ・自営業、個人事業主の方やアルバイトも借入れ可能
 ・申込みは申込書と現場写真のみでOK

住宅を購入すれば必要になる、引っ越し・家電・家具・インテリアはもちろん、ネットスーパー・レジャーや旅行など新生活をはじめて日々のコストを削減し、日常生活を豊かにするさまざまな優待を数多くの提携先企業とともに提供する「ARUHI暮らしのサービス」などARUHI(アルヒ)で住宅ローンを借りた方だけが利用できる限定の優遇サービスなど細かい点も見逃せません。

つなぎ融資を利用するにぴったりなのがARUHI(アルヒ)の「ARUHIフラットつなぎ」です。
気になった方は気軽に公式サイトで借入れシミュレーションを行ってみましょう。

特に土地決済用の資金が急に必要になってしまった場合など、融資を受けるまで日数に余裕のない方におすすめのつなぎ融資です。

 

対面相談でつなぎ融資を受けられるSBIマネープラザ

大手銀行やネット銀行ではつなぎ融資の選択肢は少ないのが現状ですが、SBIマネープラザでもつなぎ融資の取扱いがあります。

住信SBIネット銀行の住宅ローンにネットから申し込んでもつなぎ融資には対応していませんが、この「SBIマネープラザ住宅つなぎ融資」は住信SBIネット銀行の銀行代理業者として取り扱う商品ではなくSBIマネープラザ独自の商品になるので、店舗限定の「ミスター住宅ローンREAL」をSBIマネープラザで申し込む場合につなぎ融資の利用が可能となります。

 SBIマネープラザのここがメリット!
 ・専門家に対面相談でつなぎ融資が可能
 ・最大3回まで分割での融資
 ・金利は「フラット35」の最低水準
 ・「ミスター住宅ローンREAL」は疾病保障が金利上乗せなしの無料で付帯

店舗で専門家に直接相談しながら融資を受けられるARUHI(アルヒ)とSBIマネープラザはつなぎ融資でもおすすめです。

「ミスター住宅ローンREAL」などのSBIマネープラザで取り扱う住宅ローンの借入が内定している方に限りつなぎ融資を利用することが可能で、一般的なつなぎ融資と同じ、土地購入時、建物着工時・建物上棟時の最大3回まで融資を受けられます。

特に「ミスター住宅ローンREAL」は変動金利で業界最低水準の低金利と団信に加えて「全疾病保障」が金利上乗せなしの無料で付帯する手厚い保障で人気の住宅ローンです。
金利が低く無料の疾病保障などの手厚い保障のネット銀行の住宅ローンを、対面で相談しながら借り入れることができるSBIマネープラザは、つなぎ融資を利用する際にもおすすめです。

SBIマネープラザの住宅ローンを詳細に分析したこちらの記事も参考にしてみてください。
>>SBIマネープラザの住宅ローンを徹底解説!メリット・デメリット、評判は?

「ミスター住宅ローンREAL」は住信SBIネット銀行の商品であり、SBIマネープラザが住信SBIネット銀行の銀行代理業者として販売する商品です。

事務手数料が無料の新生銀行のつなぎ融資

新生銀行の住宅ローンは、業界最低水準之事務手数料で諸費用をおさえることができること、さらに安心保証付団信が金利上乗せなしの無料で付帯する手厚い保障などが特徴の住宅ローンです。

 新生銀行のここがメリット!
 ・事務手数料や全額繰上返済手数料が無料
 ・金利上乗せなしの無料で安心保証付団信が付帯
 ・安心パックで家事代行などのサービスが無料で受けられる
 ・店舗で対面相談も可能

そんな新生銀行が取り扱うつなぎ融資は、戸建住宅建築にかかる土地購入代金に限られるものになるので中止が必要です。
借入金額も500万円以上8,000万円以下ですが、土地購入代金額の100%以内となっています。

建物建築着工金や建物建築中間金へは利用できないものの、事務手数料や全額繰上返済手数料が無料で対面相談しながら利用できるなどのメリットがあります。

新生銀行の住宅ローンを詳細に分析したこちらの記事も参考にしてみてください。
>>新生銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】

 

 

Pocket
LINEで送る