3月の住宅ローン金利は、過去最低金利を更新した月となりました。4月の住宅ローン金利はどうなっているでしょうか。

住宅ローン金利の下落が一服?

毎月恒例の月半ばに発表されるソニー銀行の住宅ローン金利ですが、変動金利・固定金利ともに全ての住宅ローン金利を引き下げを発表しています。中でも、変動セレクト住宅ローンの変動金利は、史上最低金利を更新する0.499%(新規購入で自己資金10%以上)と驚きの数字でした。

ソニー銀行 2016年4月の適用金利発表 住宅ローン金利引き下げへ

これを受けて、当サイトでは4月の住宅ローン金利も引き続き下がると予想しましたが、三菱UFJ銀行などの大手4行が半年ぶりに10年固定型金利を引き上げて、下落は一服した形です。
引き上げる理由について、「長期金利の低下が鈍化していることなどを受けての利上げ」と説明していますが、住宅ローン長期固定金利の重要指標である新発10年国債利回りは、反発してもマイナス圏を抜け出せず最低水準を推移していて、この引き上げる理由については懐疑的にならざるを得ません。
このことから、長期固定金利は、銀行の収益性から考えると、これ以上の下落余地はあまりないのかもしれません。また、この状況で利上げを行うということは、少しでも長期金利が上がると、一斉に住宅ローン金利も利上げになる可能性もあります。今後の住宅ローン金利に注意が必要です。

三菱UFJ銀行 4月の住宅ローン適用金利は利上げへ

新発10年国債利回りグラフ

新発10年国債利回り 日本相互証券株式会社より引用

2016年4月の住宅ローンは?

4月の住宅ローンは、大手行が長期固定金利の利上げを発表したことで、他の銀行にもその流れが波及しています。しかし、変動金利はソニー銀行をはじめ、じぶん銀行が過去最低金利を更新するなど、ネット銀行を中心に下落しています。

4月は変動金利で住宅ローンを借入れを考えている方には注目の月となりそうです。
また、固定金利で住宅ローンを考えている方には、長期固定金利も利下げされているソニー銀行がおすすめです。また、他の銀行では利上げになってしまっていますが、長期金利は最低水準で推移していますし、来月は再び利下げに動くかもしれません。審査の申込みをしておいて、今月末まで金利動向を見ながら来月まで契約を待つのかを判断するのが良いかもしれません。
というのも、住宅ローンの金利は審査時ではなく融資実行時の金利が適用されるので、希望のタイミングで住宅ローンを組むために、審査を通しておき、契約するタイミングを調整するのが希望通りの借入れ・借換えを行う賢い方法です。

4月におすすめの住宅ローン

4月は、変動金利で過去最低金利を更新したじぶん銀行と、変動金利・固定金利共に利下げしたソニー銀行、長期固定金利で低金利を実現している住信SBIネット銀行がおすすめです。

じぶん銀行

  • 2016年4月の変動金利が驚異の0.497%の史上最低金利
  • ガンと診断されると住宅ローン残高が1/2になる団信が無料
  • 申込みから契約までが最短で10日
  • 繰上げ手数料、保証料が無料

じぶん銀行 公式サイトへ

ソニー銀行

  • 2016年4月の変動金利は0.5%を切る0.499%(新規購入で自己資金10%以上)の超低金利
  • 長期固定金利も15年固定・20年固定は3月から、約0.2%程利下げ
  • 金利が上がった時には変動金利と固定金利の切り替えが何度でも自由に行え、リスク回避も万全
  • 4年連続でオリコン顧客満足度ランキング・住宅ローン総合部門で第1位

ソニー銀行 公式サイトへ

住信SBIネット銀行

  • 2016年4月の固定金利は、10年が0.640%、15年が0.950%、20年が0.980%の驚異的な低金利
  • 無料で「8疾病保障」が付帯して、万が一の時も安心
  • 保証料、団信、繰上げ返済手数料が無料

住信SBIネット銀行 公式サイトへ

 

金利の下落が一服したとはいえ、超低金利には変わりありません。住宅ローンの借入れ・借り換えを検討している方はタイミングを逃さないようにしっかり判断 しましょう。同時に、5年・10年の期間でこの低金利状態は続かないと思われますので、もし金利が上がった時にどうするのかをしっかり検討しておきましょ う。
金利が上る前に繰上げ返済を行って、できるだけ元本を減らしておきたいところです。

2月・3月の最低金利更新の影響で住宅ローンの申し込みが殺到しており、相変わらず審査に時間がかかる状況になっています。住宅ローンの金利は審査時ではなく、融資実行時の金利が適用されるので、希望の タイミングで住宅ローンを組むために、審査を通しておき、契約するタイミングを調整するのが希望通りの借入れ・借換えを行う賢い方法です。また、審査に落 ちることも考えられるので複数の銀行に申し込んでおくのも重要です。

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る