すでに2017年4月の住宅ローン金利の予想記事を書いていますが、その記事を書いてから長期金利が低下しています。
予測では変動金利・長期固定金利は金利据置き、「フラット35」は若干の金利引下げを予想していますが、4月の住宅ローン金利の特に10年固定金利などの長期固定金利が引下げの可能性が高まっています。

22日の為替市場では、ドル円では4ヶ月ぶりに110円台まで円高が進んでいます。
この円高は、アメリカのトランプ大統領が進めている経済政策に対して不透明感が高まっていることなどが背景にあるようです。そのためアメリカの長期金利の利回りが低下したことで日米金利差が縮小し、円買い・ドル売りが優勢となっています。

まずは長期金利の推移を見てみましょう。

長期金利の推移グラフです

日本相互証券株式会社HPより引用

22日の長期金利の終値は、さらにプラス0.055%まで低下しています。
先月も26日・27日にプラス0.050まで低下しましたが、3月は10年固定金利を引き上げた銀行がほとんどでした。
それよりも少し早いタイミングでの長期金利の低下ということで、住宅ローン金利も低下する可能性が高そうですね。

4月に住宅ローンの新規借入れや借り換えを考えている方は、申込を早めに済ませておくことをおすすめします。
住宅ローン金利は申込のときではなく融資の実行時に決まるため、早めに申込を済ませ審査を通しておき融資の実行時期を調整するのが賢い住宅ローンの借り方です。

4月の住宅ローン金利の引下げに期待したいですね。

 

<注目の住宅ローン特集記事>
ジャパンネット銀行の住宅ローンの落とし穴とは?
楽天銀行(フラット35・金利選択型)の住宅ローンの落とし穴とデメリット
新生銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】
SBIマネープラザの住宅ローンの落とし穴とは?
住信SBIネット銀行の住宅ローンの落とし穴とは?
りそな銀行 住宅ローン(借り換え)のメリットとは?
イオン銀行 住宅ローンのメリット・デメリットとは?
三井住友銀行の住宅ローンのメリット・デメリットとは?
ジャパンネット銀行の住宅ローン 審査基準を解説 ゆるい?厳しい?
ネット銀行の住宅ローン メリット&デメリット 審査や手数料など解説
 

Pocket
LINEで送る