29日に大手銀行が2016年12月の適用金利を発表しました。
すでに速報として三菱UFJ銀行の12月の金利をお知らせしましたが、大手銀行の12月の適用金利をみてみましょう。

12月の大手銀行の10年固定金利

  • 三菱UFJ銀行 → 0.600%で据置き
  • みずほ銀行 → 0.800%で0.1%引上げ
  • 三井住友信託銀行 → 0.450%で据置き

10年固定金利は銀行の主力商品として人気の高い商品です。
この10年固定をどうするかでその銀行の住宅ローンへの熱意が見えてくると言ってもいいでしょう。

ご存じの通り長期金利は先月に比べて上昇しているため、通常であればみずほ銀行のように金利引き上げとなるところですが、三菱UFJ銀行や三井住友信託銀行は金利を据え置いています。
既に12月のt形容金利を発表しているソニー銀行でも10年固定金利を据置きとしていますが、これは住宅業界の繁忙期である3月を見据えた動きといえるでしょう。

例年12月・1月・2月は、3月に向けたキャンペーンなどで住宅ローン金利が低下することが多いようです。
つまり今のところ長期金利の上昇が一服している状態ですが、その長期金利に関係なく住宅ローン金利を据え置いたり引下げる期間といえます。
最近の住宅ローン金利の低下が一服している状態を考えると絶好のタイミングとなりそうですね。

ネット銀行の12月の適用金利はこれから発表となりますが、ネット銀行でも引上げと据置きで違いが出てくるものと思われます。
据置きとした銀行を見逃さないようにチェックしましょう。

10年固定金利比較ランキング上位のりそな銀行auじぶん銀行住信SBIネット銀行などはおそらくそのまま据置きとなるのではないでしょうか。

10年固定金利比較ランキング<2020年7月金利更新>
順位銀行名10年固定金利事務手数料無料の疾病保障申込み
1位auじぶん銀行のロゴ画像です0.550%

(当初期間引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信

全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


auじぶん銀行の10年固定金利は他の銀行よりも圧倒的に低い金利と、金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信全疾病保障の2つの疾病保障による手厚い保障ですで非常におすすめです。

2位ソニー銀行のロゴ画像です0.600%

(固定セレクト住宅ローン)

借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


ソニー銀行の固定セレクト住宅ローンは低金利と金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信が魅力です。
新規購入で自己資金10%以上を用意できれば更に低い金利の借り入れも可能になります。

3位0.800%

(当初固定金利タイプ)

55,000円(税込)~
165,000円

(税込)
安心保障付団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


新生銀行の特徴はやはり他の銀行よりも圧倒的に安い事務手数料です。他の銀行が何十万円と必要なところ55,000円(税込)~と業界でも屈指の安さとなっています。初期費用を抑えたい方におすすめの住宅ローンです。

4位ソニー銀行のロゴ画像です0.900%

(住宅ローン)

一律44,000円
(税込)
がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
5位SBIマネープラザのロゴ画像です0.740%

(当初引下げプラン)※2

借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障・
団体総合生活補償保険

が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
6位sumishinsbi_bank_83x420.760%

(当初引下げプラン)※1

借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
※1 審査結果によっては、表示金利に年0.1%上乗せとなる場合があります。
※2 審査結果によっては、表示金利に年0.1〜0.3%上乗せとなる場合があります。
10年固定金利比較ランキングの詳細はこちら

 

<注目の住宅ローン特集記事>
>>auじぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】

>>楽天銀行の住宅ローンの落とし穴とデメリット(フラット35)

>>りそな銀行 住宅ローン(借り換え)のメリットとは?

>>住宅ローン審査基準 通らない理由、落ちた理由が知りたい方必見/国土交通省 調査結果

>>[10年固定・フラット35] 固定金利を徹底比較

 
<住宅ローン比較ランキング>
>>借り換え比較ランキング

>>変動金利比較ランキング

>>10年固定金利比較ランキング

 

Pocket
LINEで送る