東京カンテイが9月8日に、都市圏別住宅価格の調査データを公開しました。

首都圏の新築一戸建て平均価格は、前月比でマイナス0.5%の3,521万円と下落に転じました。
1都3県で全てで下落していて、東京都ではマイナス0.3%の4,567万円、神奈川県ではマイナス0.9%の3,782万円、千葉県ではマイナス1.1%の2,909万円、埼玉県ではマイナス0.8%で3,125万円となっています。
前年同月比ではプラスが続いていますが、前月比では1都3県全てで上昇していた価格が一転して下落となっています。

首都圏の都市別に見てみると、23区内での価格が前月比でマイナス13.0%の5,686万円と大きく下落しています。反面、川崎市ではプラス9.6%の4,426万円と4ヶ月ぶりに大きく上昇しました。

近畿圏の新築一戸建て平均価格は、プラス1.4%の3,009万円と上昇しています。
府県別で見ると、大阪府ではプラス3.8%の3,236万円、兵庫県ではプラス3.2%の3,041万円、京都府はマイナス0.6%の3,249万円と3ヶ月ぶりの下落となっています。
前月比では6月・7月と下落が続いていましたが、8月は一転して上昇しています。

近畿圏の都市別に見ると、大阪市がプラス17.5%の4,402万円と大幅に上昇しています。反面、堺市・神戸市・京都市では下落しています。

新築の一戸建て住宅価格は、首都圏で価格の下落が目立ったようです。特に23区内の価格が大幅に下落したことが影響したのでしょうか。
マイナス金利の導入以降、住宅ローン金利が低下し、住宅購入には絶好のチャンスでしたが、首都圏の特に一部の都市ではバブルに匹敵する高騰となっていたため、買いたくても買えない方も多かったのではないでしょうか。このまま価格が低下すれば、新規の住宅購入も増えてきそうです。
この価格の下落が継続するのか一時的なものなのか、今後も注目ですね。

9月のおすすめ住宅ローンは?

9月は多くの銀行が据え置いている変動金利がおすすめでしょう。
固定金利は、多くの銀行が10年固定金利を引き上げる中、据置きとしたじぶん銀行、20年固定はフラット35よりも金利の低い住信SBIネット銀行がおすすめです。

 じぶん銀行

KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資して設立したじぶん銀行は、ネットですべての手続を完結でき、かつ「がん50%保障団信」を無料で付帯するなど他の銀行よりも一歩先んじたサービスを提供する人気の銀行です。
変動金利は史上最低金利の0.497%を9月も維持しています。さらに、10年固定金利は0.510%と他の銀行が引き上げる中で金利を据置きとしています。
低金利に加え「がん50%保障団信」の手厚い保障でおすすめの住宅ローンです。

 住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、新規購入で自己資金が20%以上か借り換えでの利用に限られますが、変動金利が0.497%と9月も最低金利を維持しています。10年固定型金利は0.520%、20年固定型金利はフラット35を凌ぐ0.810%と9月に引き上げられたにも関わらず、低金利で住宅ローンを提供していて候補に入れるべき住宅ローンでしょう。
また、最大の特徴である「8疾病保障」も無料で付帯し、万が一の時も安心の保障です。

 
じぶん銀行住信SBIネット銀行は、元々低い金利を提示している上に、手厚い保障が無料でつくことで、見た目の金利以上にお得でメリットの大きい住宅ローンでおすすめです。
住宅ローン選びの参考にしてみてください。

 

<住宅ローン比較ランキング特集>
>>借り換え比較ランキング (2016年8月の金利更新)

>>変動金利比較ランキング (2016年8月の金利更新)

>>10年固定金利比較ランキング (2016年8月の金利更新)

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る