10年固定、2行が下げ=6月の住宅ローン金利 (時事ドットコムニュース)

三菱UFJ銀行は27日、6月に適用する住宅ローン金利を発表した。主力の期間10年固定型の最優遇金利を5月から0.05%引き下げ、年0.85%とする。三井住友信託銀行も0.05%引き下げ、過去最低に並ぶ年0.50%とする。両行とも引き下げは3カ月ぶり。みずほ銀行は据え置く方針。
(引用ここまで)

三菱UFJ銀行の10年固定型金利は、4月に0.1%引き上げて年0.90%となり、5月はそのまま据置きでしたが、6月は0.05%引下げ年0.85%となります。また、三井住友信託銀行も0.05%引下げ、年0.50%となります。三井住友信託銀行の住宅ローンはネット専用住宅ローンとして住信SBIネット銀行から提供されているので、住信SBIネット銀行の6月の住宅ローン金利も引下げとなりそうですね。

先に6月の金利を発表しているソニー銀行も長期固定型の金利を中心に引き下げを発表していますが、さらに大手銀行の金利引き下げを受け、6月の住宅ローンも各銀行は金利引下げとなるでしょう。
マイナス金利政策の発表から、住宅ローンは下がり続け、5月に入りその下がり方が鈍りましたが、じぶん銀行などは変動金利で過去最低金利を維持していますし、楽天銀行のフラット35も過去最低金利を更新しています。今が史上空前の低金利に違いはありません。住宅ローンの借入れ・借り換えをお考えの方には絶好のタイミングです。

人気の住宅ローン

 じぶん銀行

KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資して設立したじぶん銀行は、ネットですべての手続を完結でき、かつ「がん50%保障団信」を無料で付帯するなど他の銀行よりも一歩先んじたサービスを提供する人気の銀行です。もちろん、変動金利が史上最低金利の0.497%など低金利も実現しています。

じぶん銀行 公式サイト

 楽天銀行

楽天銀行のフラット35は、20年以下0.960%、21年以上1.100%とフラット35取り扱い銀行の中でも最低水準の金利で提供されています。フラット35は、その仕組から民間の銀行より審査が甘くなってしまう傾向があります。他の銀行で審査に落ちてしまった方や審査に不安がある方は候補の1つとして検討の余地があるでしょう。

楽天銀行 公式サイト

 りそな銀行

借り換えをお考えの方におすすめしたいのが、りそな銀行が提供する「りそな借りかえローン」です。WEBでの申込みに限定し、10年固定金利で年0.550%と非常に低い優遇金利で借り換えが行えます。

りそな銀行 公式サイト

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る