Pocket
LINEで送る

住宅金融支援機構と金融機関が提携して提供する「フラット35」が新たな金利優遇策を開始するようです。

住宅金融支援機構は、人口が減っている地方への移住をあと押ししようと地方で家を買った場合などに住宅ローン「フラット35」の金利を0.25%引き下げる優遇措置を始めます。
具体的には転出する世帯が多く人口が減っている自治体で暮らそうと、新築や中古の家を購入したり、空き家を買ってリフォームしたりする場合などになるそうです。

自治体による住宅購入の補助などを合わせて活用することが条件で、フラット35の金利を当初の5年間、0.25%引き下げます。

フラット35の優遇措置の図です

住宅金融支援機構では、この新たな措置を活用する自治体を募集中で準備が整いしだい優遇金利での貸し出しを始めることにしています。

 
これまで「フラット35リノベ」のように、中古住宅を購入し一定の性能を満たしたリノベーションを行うことで金利優遇を受けられる措置をとっていますが、地方へ移住やUターンする方のは朗報ですね。

今回の地方移住での優遇策は5年間の間、金利を0.25%優遇するとのことですが、「フラット35リノベ」はリノベーションやリフォームで一定の基準を満たすことで、最大で10年間のあいだ0.6%の金利優遇を受けることが出来ます。

地方に移住する場合で、新築物件を購入する場合にはこの優遇措置の利用しか出来ませんが、中古住宅を購入しリフォームする場合であれば「フラット35リノベ」を利用する方がより大きな金利優遇を受けられることになりそうですね。

この住宅金融支援機構が行う優遇措置には、あらかじめ決められた予算に到達する申込みがあった時点でその制度は終了となります。
気になる方は早めに申し込んでおきましょう。

この地方移住の金利優遇策は詳細が判明していないので、優遇措置のより大きい「フラット35リノベ」の詳細を確認しておきましょう。

 

「フラット35 リノベ」とは?

住宅金融支援機構から新たなサービス「フラット35 リノベ」とは、省エネルギー・耐震性等の住宅性能を一定以上向上させる性能向上リフォームにより、住宅性能を向上させた中古住宅を取得する場合に、フラット35の借入金利を一定期間引下げる制度です。
その金利引き下げ幅は、マイナス0.6%と大幅な優遇が行われます。

フラット35リノベの金利優遇の説明画像

仮に2017年5月の金利でフラット35のプランAを利用すると、返済開始から10年間は、15~20年固定金利なら0.380%、21~35年固定金利でも0.460%と、驚きの低金利でフラット35を利用できることになります。

ここまで金利を低くできるのは国が予算を投入するからこそと言えるでしょう。
その為、「フラット35 リノベ」申込み期間と予算に限りがあります。
受付期間は2017年4月1日~2018年3月31日までとなっていて、決められた予算に到達し次第期限を待たずに終了となります。

「フラット35 リノベ」はどのくらいお得になるか

通常の「フラット35」と「フラット35 リノベ」はどのくらい負担軽減になるのか、住宅金融支援機構が試算してくれています。

フラット35 リノベの試算結果

借入額3,000万円で試算すると、当初10年間は毎月の返済額は1万円程度少なく、総返済額も約3401万円に減少します。35年間の総額で比較すると160万円以上も負担軽減効果があることがわかります。

当初10年間は月々の返済額が少なくて済むので、貯蓄もしやすく、その貯蓄で繰上げ返済すれば総返済額も少なく、さらに返済期間も短くすることができそうですね。

「フラット35」リノベを利用するための条件

「フラット35」リノベを利用するためには、性能については、省エネルギー性、耐震性、バリアフリー性、耐久性などに一定の条件を満たすことに加えて、さらにインスペクション、瑕疵保険の付保などを実施することも条件となっています。

「フラット35 リノベ」の利用条件

中古住宅を購入した場合には、家の価値や性能を高めるためのリノベーションやリフォームは是非行っておきたいところではないでしょうか。
どうせなら、「フラット35 リノベ」の条件を満たし、マイナス0.6%の金利優遇を利用しましょう。

「フラット35 リノベ」の利用を検討する方は、受付期間と予算が限られているため、早めに申し込んでおくことをおすすめします。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ