国土交通省が2月28日に「平成29年1月の住宅着工の動向」発表しました。

平成29年1月の建築着工統計調査によると、1月の新設住宅着工戸数は前年同月比12.8%増の7万6491戸なり、7ヶ月連続で前年実績を上回りました。

建物の利用関係別

  • 持家:2万228戸 (前年同月比 0.2%減 12ヶ月ぶりの減少)
  • 貸家:3万1,684戸 (前年同月比 12.0%増 15ヶ月連続の増加)
  • 分譲住宅:2万4,061戸 (前年同月比 27.3%増 2ヶ月連続の増加)
    マンション:前年同月比では2ヶ月連続の増加 (前年同月比56.2%増)
    一戸建て:前年同月比では15ヶ月連続の増加 (前年同月比4.6%増)

2020年に開かれる東京五輪・パラリンピックの選手用宿泊施設(選手村)に関連した特殊要因で貸家と分譲マンションが増えたことが要因となっているようです。季節調整して前月と比べると8.4%の増加となっています。

内訳をみると、持ち家は前年同月比で0.2%減の2万228戸と12ヶ月ぶりに減少、貸家は12.0%増の3万1,684戸と15ヶ月連続での増加は、依然として相続税の節税を目的とした建設も後押ししているようですね。
分譲住宅は27.3%増の2万4,061戸と2ヶ月連続で増加しています。
うち分譲マンションが56.2%と大幅な増加、分譲の一戸建て住宅は4.9%の微増となっています。

東京都は東京オリンピックで選手村として活用し、大会後に分譲もしくは賃貸する施設の建築に着工した。併せて発表した首都圏の新設住宅着工戸数は前年同月比25.5%増の3万1,700戸で、国土交通省は「増加分の3分の2程度が五輪関連」と説明しています。

オリンピック関連施設の建設がどの程度進んでいるのかはわかりませんが、これから建築する施設がまだ多く残っているようであれば、資材や人件費の高騰で結果的にここのところ落ち着いている住宅価格が再び高騰する可能性もありそうです。

2017年3月のおすすめ借り換え住宅ローンは?

3月は長期の固定金利を引き上げた銀行が多いですが、購入したい物件の価格が高騰している状況では少しでも金利の低い住宅ローンを選びたいですね。
3月の借り換え比較ランキングを見ると、この3月に金利を据え置いたじぶん銀行が1位になっています。
じぶん銀行の住宅ローンの特徴を見てみましょう。

住宅ローン借り換え比較ランキング<2018年7月金利更新>
順位銀行名変動金利固定金利事務手数料保証料申込み
1位jibun_bank_83x420.457%10年固定:0.620%借入額の2.16%0円公式サイト
詳細を確認
1位au_housingloan_83x420.457%10年固定:0.620%借入額の2.16%0円公式サイト
詳細を確認
2位SBIマネープラザのロゴ画像です0.428%10年固定:0.770%
20年固定:1.210%
借入額の2.16%0円公式サイト
3位sumishinsbi_bank_83x420.428%10年固定:0.810%
20年固定:1.210%
借入額の2.16%0円公式サイト
詳細を確認
4位楽天銀行のロゴ画像です
金利選択型
0.527%
10年固定:1.152%
一律
324,000
0円公式サイト
詳細を確認
5位risona_bank_83x42
2018年7月適用金利
0.429%
※1
10年固定:0.700%
20年固定:1.000%
※1
32,400円
+
借入額の2.16%
0円公式サイト
詳細を確認
6位楽天銀行のロゴ画像です
フラット35
なし20年以内:1.290%
21年以上:1.340%
※2
借入額の
0.972%
0円公式サイト
詳細を確認
7位ARUHIのロゴ画像です
フラット35
なし20年以内:1.290%
21年以上:1.340%
※2
借入額の
1.08%
0円公式サイト
詳細を確認
8位0.600%
※3
10年固定:1.100%54,000円~
162,000円
0円公式サイト
詳細を確認
9位0.490%10年固定:0.690%借入額の2.16%0円公式サイト
詳細を確認
※1 住宅ローン借り換えWEB申込限定プランの2018年7月の金利適用時。
※2 機構団信に加入した場合の金利です。団信に加入しない場合には0.2%金利引下げとなります。
※3 半年後からは0.900%。
借り換え比較ランキングの詳細はこちら

じぶん銀行の住宅ローンの特徴は?

メリット.1 業界最低水準の低金利

住宅ローンの借入先を考える時にまず考えるのが金利ですね。
じぶん銀行変動金利でも10年固定金利でも、新規の借入れでも借り換えでも業界最低水準の金利を提示しています。

2017年3月の適用金利
変動金利:0.497%
10年固定金利:0.500%

借り換えのみに適用されるキャンペーン金利で低い金利を提示する銀行もありますが、じぶん銀行では新規借入れでも借り換えでも上記の金利が適用になります。
どちらも業界最低水準の低金利です。

メリット.2 無料で付帯する「がん50%保障団信」

じぶん銀行の最大の特徴とも言っていいのがこの「がん50%保障団信」です。

がん50%保障団信の説明

日本では2人に1人はがんと診断され、3人に2人が治療によりがんから生還するというデータが有りますが、がんのリスクに備えることは非常に重要です。

長期間の返済になる住宅ローンの場合、万が一、がんを患い高額な治療費や入院費が発生した場合の返済負担の軽減というのは大変大きなメリットですし、がんと診断されたら支払われるので、早期に発見し術後にすぐ仕事に復帰しても住宅ローン残高は半分になります。

また、支払の条件に1年間も就業不能の状態が続かなければ受け取れない保障もありますが、「がんと診断されるだけ」という保障を受け取る条件の低さには驚愕です。

メリット.3 申込みから契約までスマホで完結

国内最大手の通信会社が親会社であるだけに、契約までスマホだけで完結できるのも特徴です。

ネット銀行でも依然として、契約書類などは紙の契約書が主流ですし、記入して捺印し郵送するのが当たり前です。
しかし、じぶん銀行では紙の書類を無くしデータ化することで郵送の手間を省いています。
さらに書類を郵送しないため審査の時間も大幅に短縮し、最短で10日というスピード感で審査が終了します。

低金利に手厚い保障、手軽な申込み方法など、非常におすすめの住宅ローンです。
さらに現在、キャッシュバックキャンペーンも行っています。こちらも注目ですね。

「au住宅ローン」のメリットは?

じぶん銀行の住宅ローンを利用する方の中で、auのスマホなどを使っている方だけが受けられる特典が「au住宅ローン」のキャッシュバックです。

au住宅ローンの特徴

500円 x 12ヶ月 x 5年間 = 30,000円ものキャッシュバックが受けられることになります。
申し込みの条件は、じぶん銀行で登録したau IDに設定されているau携帯電話を利用してる方です。

じぶん銀行の住宅ローンで借入れや借り換えを考えていて、auのスマホなどを使っている方「au住宅ローン」を利用するのがお得ですね。

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る