収益が好調なネット銀行、auじぶん銀行は3月27日にスマートフォンのアプリを刷新して、顧客の取引履歴や属性から金利優遇などの特典を案内するサービスを始める。顧客に合った優遇を通知することで新規の取引拡大を目指しています。

ユーザーの取引履歴情報などのビッグデータを解析し最適な金融商品を案内する方法は「イベント・ベースド・マーケティング」と呼ばれ、auじぶん銀行の新しいスマホアプリは取引履歴を表示する画面やプッシュ通知などで金利や手数料の優遇情報を送る仕組みです。

例えば、円定期預金の預け入れ後に外貨預金とセットで金利を優遇するキャンペーン情報をスマホに通知したり、退職金などの高額の入金があった顧客に定年後の資産運用方法を解説するコンテンツを送るといった具合ですね。
住宅ローンでもスマホ限定の優遇金利なんてのにも期待したいところです。

今までのように、全てのユーザーに一律のメールを送るよりも効果的なマーケティングが可能になりますし、送られるユーザーにとってもより役立つ、有益な情報が届くほうが良いに決まってますね。

 
auじぶん銀行は、2月に10年固定金利を引下げて0.500%と業界でも最低水準の低金利となっています。
当サイトの借り換え比較ランキングでも1位になりました。

明日にでもまずは大手銀行の3月の住宅ローン金利が発表されますが、期待通り金利引下げとなるのでしょうか。
注目です。

住宅ローン借り換え比較ランキング<2020年7月金利更新>
順位銀行名変動金利固定金利事務手数料保証料申込み
1位auじぶん銀行のロゴ画像です0.410%

(全期間引下げプラン)


10年固定:0.550%

(当初期間引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
0円公式サイト
詳細を確認

auじぶん銀行の住宅ローンの特徴は低金利でスマホで申込みから契約まで完結できるなどたくさんありますが、この低い金利と金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信全疾病保障の2つの疾病保障による手厚い保障に注目です。

2位ソニー銀行のロゴ画像です0.507%

(変動セレクト
住宅ローン)※5

10年固定:0.600%

(固定セレクト
住宅ローン)※5

借入額の
2.20%(税込)
0円公式サイト
詳細を確認

新規購入で自己資金10%以上の場合に更に低い変動金利が利用が可能です。低金利とがんと診断されるだけで住宅ローン残高の半分が保障されるがん50%保障団信が特徴です。自己資金に余裕があれば利用するのがおすすめです。

3位0.450%

※2
(変動フォーカス)

10年固定:0.800%

(当初固定金利タイプ)

変動金利:
借入額の
2.20%(税込)
10年固定:
55,000円(税込)~
165,000円
(税込)
0円公式サイト
詳細を確認

変動金利が0.450%と金利が低い変動フォーカスと、事務手数料が55,000円(税込)~と業界最低水準の変動金利半年タイプの2つの変動金利が選べるのが新生銀行の特徴です。

4位ARUHIのロゴ画像です

フラット35

なし20年以内:1.230%
21年以上:1.300%

※1

借入額の
1.10%(税込)

※6

0円公式サイト
詳細を確認
5位SBIマネープラザのロゴ画像です0.398%

※4
(通期引下げプラン)


10年固定:0.740%

※4(当初引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
0円公式サイト
詳細を確認
6位sumishinsbi_bank_83x420.398%

※3
(通期引下げプラン)

10年固定:0.760%

※3(当初引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
0円公式サイト
詳細を確認
※1 機構団信に加入した場合の金利です。団信に加入しない場合には0.2%金利引下げとなります。
※2 事務手数料が55,000円(税込)~165,000円(税込)の変動金利(半年タイプ)は0.650%。
※3 審査結果によっては、表示金利に年0.1%上乗せとなる場合があります。
※4 審査結果によっては、表示金利に年0.1〜0.3%上乗せとなる場合があります。
※5 借り換え/新規購入で自己資金10%未満の場合の金利です。
※6 WEB申込みで借り換えた場合の事務手数料です。
借り換え比較ランキングの詳細はこちら

auじぶん銀行の住宅ローンの特徴は?

まずは何と言っても金利が低いことですね。
2月は変動金利が0.497%10年固定金利は0.500%となっています。
3月の金利はどうなるでしょうか。
10年固定金利が0.4%台に下がると変動金利よりも低い金利で10年も金利が固定されることになりメリットはさらに大きくなりますね。

ほかにどんな特徴があるのか見てみましょう。

メリット 無料で付帯する「がん50%保障団信」

auじぶん銀行の最大の特徴とも言っていいのがこの「がん50%保障団信」です。

日本では2人に1人はがんと診断され、3人に2人が治療によりがんから生還するというデータが有りますが、がんのリスクに備えることは非常に重要です。

長期間の返済になる住宅ローンの場合、万が一、がんを患い高額な治療費や入院費が発生した場合の返済負担の軽減というのは大変大きなメリットですし、がんと診断されたら支払われるので、早期に発見し術後にすぐ仕事に復帰しても住宅ローン残高は半分になります。

また、支払の条件に1年間も就業不能の状態が続かなければ受け取れない保障もありますが、「がんと診断されるだけ」という保障を受け取る条件の低さには驚愕です。

メリット 申込みから契約までスマホで完結

国内最大手の通信会社が親会社であるだけに、契約までスマホだけで完結できるのも特徴です。

ネット銀行でも依然として、契約書類などは紙の契約書が主流ですし、記入して捺印し郵送するのが当たり前です。
しかし、auじぶん銀行では紙の書類を無くしデータ化することで郵送の手間を省いています。
さらに書類を郵送しないため審査の時間も大幅に短縮し、最短で10日というスピード感で審査が終了します。

低金利に手厚い保障、手軽な申込み方法など、非常におすすめの住宅ローンです。
さらに現在、キャッシュバックキャンペーンも行っています。こちらも注目ですね。

 

<auじぶん銀行の関連記事>
auじぶん銀行の住宅ローンの詳細
auじぶん銀行住宅ローンの最新金利
au住宅ローンとauじぶん銀行住宅ローンの違いとは?
auじぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】
auじぶん銀行の住宅ローン担当者に比較ネット編集部が独自にインタビュー
auじぶん銀行の住宅ローン審査は厳しい?甘い?
auじぶん銀行の住宅ローンに借り換えってどう?
auじぶん銀行のペアローンを徹底解説!
auじぶん銀行・au住宅ローンのお得なキャンペーン情報
無料の疾病保障付き住宅ローンの保障内容を比較!
ソニー銀行 VS auじぶん銀行の住宅ローンを徹底比較。無料のがん保障の違いは?
 

Pocket
LINEで送る