2月20日、不動産経済研究所が発表した全国のマンション市場動向調査を発表しました。

これによると、2016年の発売戸数は15年比1.4%減の7万6993戸となりました。
この数字は、1992年以来の24年ぶりとなる低水準となっています。
全体の半分のシェアを占める首都圏の販売が振るわず、全体の水準を押し下げたことが原因のようです。一方で札幌や福岡など地方都市では販売が好調な地域もありました。

首都圏絵のマンション販売戸数は不調

発売戸数を地域別にみると、首都圏は11.6%減の3万5772戸。近畿圏も1.3%減の1万8676戸となり、不調が目立っています。
一方で、地方では札幌市が5.3%増の1088戸、仙台市は79.8%増の1361戸、広島市は約2.3倍の1735戸、福岡市が27.8%増の3602戸と、売れ行きが良い都市がでているようです。

16年の全国の平均販売価格は15年比1.3%下落し4,560万円となっています。
下落したものの過去最高だった15年の4,618万円に次ぐ高さとなっています。地方都市でも首都圏と同様に建設費は上昇傾向にありますが、まだ手の届く範囲内にあることが好調の要因でしょう。

首都圏のマンション販売事情は、買いたくても買えないと言った状況のようですね。
一般的には年収の5倍までの借入れであれば安全と言われていますが、マンション価格の実情は平均年収の9倍程度にまで高騰しているようです。

マイナス金利の効果としては、地方都市での販売の好調具合を見れば一応でていると言っていいかもしれませんが、大都市部でマンションを購入しようという層には借入額を増やすしか無いようです。

この「年収の5倍までなら安心」というのは、住宅ローンではかなり以前から言われている格言です。
例えば、変動金利はこの2017年2月にはauじぶん銀行が0.497%と0.5%を切る低金利になっていますが、バブル時代には8.5%に到達したこともありましたし、それ以外でも4~6%の水準が当たり前でした。
こういった今となってはとんでもない高い金利であれば、「年収の5倍までなら安心」が妥当なのかもしれませんが、今は史上空前の低金利時代です。

確かに借入額は少ないほうが良いに安心に決まってますが、マイナス金利の超低金利時代に入りこういった以前の常識は変わってきているのかもしれません。
今後は古い常識にとらわれない判断が重要になりそうです。

変動金利はもちろん、10年固定金利もおすすめ

10年固定金利も少し前の常識では、「一番不利な住宅ローン」などと言われていますが、今や変動金利と変わらない水準の超低金利です。
変動金利の水準で10年間金利が変わらないことはメリットでしかありませんね。
ただ当初優遇の場合には、優遇期間が終わると金利が跳ね上がるので、優遇期間終了のタイミングで借り換えることを前提とすると10年固定金利は非常におすすめの住宅ローンです。

変動金利型住宅ローンランキング<2020年7月金利更新>
順位銀行名変動金利事務手数料無料の疾病保障申込み
1位auじぶん銀行のロゴ画像です0.410% 

(全期間引下げプラン)


借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信

全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認

auじぶん銀行の住宅ローンの特徴は低金利でスマホで申込みから契約まで完結できるなどたくさんありますが、この低い変動金利と金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信全疾病保障の2つの疾病保障による手厚い保障に注目です。

2位ソニー銀行のロゴ画像です0.457%

(変動セレクト
住宅ローン・
新規購入で
自己資金10%以上)※5

借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認

新規購入で自己資金10%以上の場合に利用できる変動セレクト住宅ローンの変動金利は、低金利とがんと診断されるだけで住宅ローン残高の半分が保障されるがん50%保障団信が特徴です。自己資金に余裕があれば利用するのがおすすめです。

3位0.450%

(変動フォーカス)※1

借入額の
2.20%(税込)
安心保障付団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認

変動金利が0.450%と金利が低い変動フォーカスと、事務手数料が55,000円(税込)~と業界最低水準のの変動金利半年タイプの2つの変動金利が選べるのが新生銀行の特徴です。

4位SBIマネープラザのロゴ画像です0.410%

(通期引下げプラン)※4


借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障・
団体総合生活補償保険

が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
5位0.410%

(通期引下げプラン)※2

借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
6位ソニー銀行のロゴ画像です0.807%

(住宅ローン・
借り換え/新規購入
で自己資金10%未満)※3

一律44,000円(税込)がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
※1 事務手数料が55,000円(税込)~165,000円(税込)の変動金利(半年タイプ)は0.650%
※2 審査結果によっては、表示金利に年0.1%上乗せとなる場合があります。借り換えの場合は0.398%
※3 借り換え・新規購入で自己資金10%未満の金利になります。
※4 審査結果によっては、表示金利に年0.1〜0.3%上乗せとなる場合があります。借り換えの場合は0.398%
※5 新規購入で自己資金10%以上の金利です。
変動金利比較ランキングの詳細はこちら
10年固定金利比較ランキング<2020年7月金利更新>
順位銀行名10年固定金利事務手数料無料の疾病保障申込み
1位auじぶん銀行のロゴ画像です0.550%

(当初期間引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信

全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


auじぶん銀行の10年固定金利は他の銀行よりも圧倒的に低い金利と、金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信全疾病保障の2つの疾病保障による手厚い保障ですで非常におすすめです。

2位ソニー銀行のロゴ画像です0.600%

(固定セレクト住宅ローン)

借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


ソニー銀行の固定セレクト住宅ローンは低金利と金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信が魅力です。
新規購入で自己資金10%以上を用意できれば更に低い金利の借り入れも可能になります。

3位0.800%

(当初固定金利タイプ)

55,000円(税込)~
165,000円

(税込)
安心保障付団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


新生銀行の特徴はやはり他の銀行よりも圧倒的に安い事務手数料です。他の銀行が何十万円と必要なところ55,000円(税込)~と業界でも屈指の安さとなっています。初期費用を抑えたい方におすすめの住宅ローンです。

4位ソニー銀行のロゴ画像です0.900%

(住宅ローン)

一律44,000円
(税込)
がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
5位SBIマネープラザのロゴ画像です0.740%

(当初引下げプラン)※2

借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障・
団体総合生活補償保険

が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
6位sumishinsbi_bank_83x420.760%

(当初引下げプラン)※1

借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
※1 審査結果によっては、表示金利に年0.1%上乗せとなる場合があります。
※2 審査結果によっては、表示金利に年0.1〜0.3%上乗せとなる場合があります。
10年固定金利比較ランキングの詳細はこちら

住宅ローン選びの参考にしてみて下さい。

 

 

Pocket
LINEで送る