東京カンテイが、11月の都市圏別一戸建て住宅価格の調査データを公開しました。

<新築一戸建て>
11月の首都圏新築一戸建て住宅の平均価格は前月から2.2%減の3,412万円と若干の下落となり、前年同月比はプラス0.9%の上昇となりました。
地域別にみていくと、東京都の平均価格は5.1%減で4,421万円と下落、神奈川県でも2.9%減の3,620万円と下落、千葉県でも1.2%減の2,771万円とわずかですが下落、埼玉県は0.3%減の3,093万円と連続下落となっています。
首都圏では3ヶ月連続で安定していた価格水準が再び下落傾向が強くなったようです。

都市別でみてみると、東京23区は前月比で11.8%減の5,793万円、都下は1.6%減の3,884万円と連続下落、横浜市でも1.2%減の4,317万円と4ヵ月連続下落、川崎市は2.3%減の4,671万円と4とし全てで下落傾向となっています。
郊外での下落傾向に続き23区などの都市部でも下落傾向が強くなっているようです。

<中古一戸建て>
11月の首都圏中古一戸建て住宅価格は、前月比6.5%減の2,914万円と2ヵ月連続で下落となりました。前年同月比でも3.7%減と下落しています。
地域別でみると、東京都が10.0%減の5,759万円と大幅な下落、神奈川県は7.1%減の2,914万円と連続下落、千葉県は4.2%増の1,926万円と反転して上昇。埼玉県は7.9%減の2,159万円と反転下落となっています。
中古住宅でも東京都の大幅な下落が目立ちますね。

都市別にみてみると、東京23区は前月比6.2%減の9,216万円と連続下落、都下も4.7%減の3,937万円で4ヵ月ぶりの下落、横浜市は2.6%減の3,828万円で連続下落、川崎市は11.8%減で3,867万円と2ヶ月連続で大幅下落、相模原市は7.9%増の2,529万円と反転上昇、千葉市は21.6%減の1,742万円と2ヶ月連続で大幅下落、さらにさいたま市でも17.1%減の2,982万円と大幅な下落となっています。
23区は先月から連続して下落、川崎市・千葉市・さいたま市で大幅な下落となりました。
 
新築・中古ともに首都圏では価格の下落傾向が続いているようです。
先月は価格が上昇していた23区でも新築・中古ともに価格が下落しているのが驚きですね。これまで高騰してきた物件価格が一服していることがより顕著になっているようです。

 
この価格の下落で住宅を購入しやすくなっていると言っていのではないでしょうか
しかし、住宅ローン金利のほうは7月・8月からは若干上昇しています。ただ、それでも過去の金利水準から考えれば最低水準であるのは間違いないでしょう。
12月は金利を引き上げた銀行が多いですが、そのなかでもauじぶん銀行は金利を据置きとしています。
少しでも金利の低い住宅ローンを選びたいですね。

10年固定金利比較ランキングを住宅ローン選びの参考にしてみて下さい。

10年固定金利比較ランキング<2020年7月金利更新>
順位銀行名10年固定金利事務手数料無料の疾病保障申込み
1位auじぶん銀行のロゴ画像です0.550%

(当初期間引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信

全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


auじぶん銀行の10年固定金利は他の銀行よりも圧倒的に低い金利と、金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信全疾病保障の2つの疾病保障による手厚い保障ですで非常におすすめです。

2位ソニー銀行のロゴ画像です0.600%

(固定セレクト住宅ローン)

借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


ソニー銀行の固定セレクト住宅ローンは低金利と金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信が魅力です。
新規購入で自己資金10%以上を用意できれば更に低い金利の借り入れも可能になります。

3位0.800%

(当初固定金利タイプ)

55,000円(税込)~
165,000円

(税込)
安心保障付団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


新生銀行の特徴はやはり他の銀行よりも圧倒的に安い事務手数料です。他の銀行が何十万円と必要なところ55,000円(税込)~と業界でも屈指の安さとなっています。初期費用を抑えたい方におすすめの住宅ローンです。

4位ソニー銀行のロゴ画像です0.900%

(住宅ローン)

一律44,000円
(税込)
がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
5位SBIマネープラザのロゴ画像です0.740%

(当初引下げプラン)※2

借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障・
団体総合生活補償保険

が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
6位sumishinsbi_bank_83x420.760%

(当初引下げプラン)※1

借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
※1 審査結果によっては、表示金利に年0.1%上乗せとなる場合があります。
※2 審査結果によっては、表示金利に年0.1〜0.3%上乗せとなる場合があります。
10年固定金利比較ランキングの詳細はこちら

 

 
<注目の住宅ローン特集記事>
auじぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?
ジャパンネット銀行の住宅ローンの落とし穴とは?
楽天銀行(フラット35・金利選択型)の住宅ローンの落とし穴とデメリット
新生銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】
SBIマネープラザの住宅ローンの落とし穴とは?
住信SBIネット銀行の住宅ローンの落とし穴とは?
りそな銀行 住宅ローン(借り換え)のメリットとは?
イオン銀行 住宅ローンのメリット・デメリットとは?
三井住友銀行の住宅ローンのメリット・デメリットとは?
ジャパンネット銀行の住宅ローン 審査基準を解説 ゆるい?厳しい?
ネット銀行の住宅ローン メリット&デメリット 審査や手数料など解説
[auじぶん銀行・住信SBIネット銀行・楽天銀行] 無料の疾病保障付き住宅ローンを比較してみよう
[10年固定・フラット35]auじぶん銀行・住信SBIネット銀行・楽天銀行の固定金利を徹底比較
 

Pocket
LINEで送る