これまでもお伝えしてきた、みずほ銀行とソフトバンクがAI(人工知能)使った個人向け融資事業の続報が入ってきました。

みずほ銀行とソフトバンクは、銀行口座の入出金履歴や携帯電話料金の支払い状況・職歴などのデータをもとにAI(人工知能)が融資上限や貸出金利を判定する新たな融資ビジネスを来年、2017年の春にも開始する予定です。

設立当初の新会社の資本金は50億円を予定しており、みずほ銀行とソフトバンクが50%ずつ出資し、名称は「Jスコア」とし、社長にはみずほ銀行の大森隆一郎執行役員を充てる方向です。

顧客がスマートフォンの専用アプリに入力した個人データや資金使途に応じて貸し出し条件などをAI(人工知能)で判断し、30分ほどで手続きを完了して口座に入金できる仕組みで、みずほ銀行からは顧客データ分析やローン審査のノウハウを、ソフトバンクからはAI(人工知能)によるデータ分析を融合するとしています。

顧客が自ら個人情報を追加して入力することで信用力を高め、より多くのお金を借りたり、金利を下げられたりするようになる仕組みもつくるとしています。これは新しいですね。

AI(人工知能)を使って従来の審査以上に大量のデータを分析することで、顧客ごとにきめ細かく融資上限などを決められ、スマートフォンで手続きが完結するため、店舗や人員にかかるコストを大幅に削減できるネット銀行の利点を活かせそうです。

 
「通信会社」と「銀行」といえば、KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資して作られたauじぶん銀行が既に有名ですね。
auじぶん銀行でも、スマートフォンで手続きが完結する住宅ローンを提供しています。しかも、申込から契約まで最短約10日とかなりのスピードで契約まで行えすが、AI(人工知能)で判断することで30分ほどで手続き完了となると恐れ入ります。住宅ローンでも同じような時間で行えるのでしょうか。
どんな住宅ローンを提供してくれるのか、来年の春が楽しみですね。

さて、現状では審査から契約まで最短で行えるauじぶん銀行は、低金利と手厚い保障が両立したおすすめの住宅ローンです。

当サイトの変動金利比較ランキング10年固定金利比較ランキングでも上位が定位置となっています。

変動金利型住宅ローンランキング<2020年7月金利更新>
順位銀行名変動金利事務手数料無料の疾病保障申込み
1位auじぶん銀行のロゴ画像です0.410% 

(全期間引下げプラン)


借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信

全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認

auじぶん銀行の住宅ローンの特徴は低金利でスマホで申込みから契約まで完結できるなどたくさんありますが、この低い変動金利と金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信全疾病保障の2つの疾病保障による手厚い保障に注目です。

2位ソニー銀行のロゴ画像です0.457%

(変動セレクト
住宅ローン・
新規購入で
自己資金10%以上)※5

借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認

新規購入で自己資金10%以上の場合に利用できる変動セレクト住宅ローンの変動金利は、低金利とがんと診断されるだけで住宅ローン残高の半分が保障されるがん50%保障団信が特徴です。自己資金に余裕があれば利用するのがおすすめです。

3位0.450%

(変動フォーカス)※1

借入額の
2.20%(税込)
安心保障付団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認

変動金利が0.450%と金利が低い変動フォーカスと、事務手数料が55,000円(税込)~と業界最低水準のの変動金利半年タイプの2つの変動金利が選べるのが新生銀行の特徴です。

4位SBIマネープラザのロゴ画像です0.410%

(通期引下げプラン)※4


借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障・
団体総合生活補償保険

が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
5位0.410%

(通期引下げプラン)※2

借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
6位ソニー銀行のロゴ画像です0.807%

(住宅ローン・
借り換え/新規購入
で自己資金10%未満)※3

一律44,000円(税込)がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
※1 事務手数料が55,000円(税込)~165,000円(税込)の変動金利(半年タイプ)は0.650%
※2 審査結果によっては、表示金利に年0.1%上乗せとなる場合があります。借り換えの場合は0.398%
※3 借り換え・新規購入で自己資金10%未満の金利になります。
※4 審査結果によっては、表示金利に年0.1〜0.3%上乗せとなる場合があります。借り換えの場合は0.398%
※5 新規購入で自己資金10%以上の金利です。
変動金利比較ランキングの詳細はこちら
10年固定金利比較ランキング<2020年7月金利更新>
順位銀行名10年固定金利事務手数料無料の疾病保障申込み
1位auじぶん銀行のロゴ画像です0.550%

(当初期間引下げプラン)

借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信

全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


auじぶん銀行の10年固定金利は他の銀行よりも圧倒的に低い金利と、金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信全疾病保障の2つの疾病保障による手厚い保障ですで非常におすすめです。

2位ソニー銀行のロゴ画像です0.600%

(固定セレクト住宅ローン)

借入額の
2.20%(税込)
がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


ソニー銀行の固定セレクト住宅ローンは低金利と金利上乗せなしの無料で付帯するがん50%保障団信が魅力です。
新規購入で自己資金10%以上を用意できれば更に低い金利の借り入れも可能になります。

3位0.800%

(当初固定金利タイプ)

55,000円(税込)~
165,000円

(税込)
安心保障付団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認


新生銀行の特徴はやはり他の銀行よりも圧倒的に安い事務手数料です。他の銀行が何十万円と必要なところ55,000円(税込)~と業界でも屈指の安さとなっています。初期費用を抑えたい方におすすめの住宅ローンです。

4位ソニー銀行のロゴ画像です0.900%

(住宅ローン)

一律44,000円
(税込)
がん50%保障団信
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
5位SBIマネープラザのロゴ画像です0.740%

(当初引下げプラン)※2

借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障・
団体総合生活補償保険

が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
6位sumishinsbi_bank_83x420.760%

(当初引下げプラン)※1

借入額の
2.20%(税込)
全疾病保障
が無料で付帯
公式サイト
詳細を確認
※1 審査結果によっては、表示金利に年0.1%上乗せとなる場合があります。
※2 審査結果によっては、表示金利に年0.1〜0.3%上乗せとなる場合があります。
10年固定金利比較ランキングの詳細はこちら
しかし、良いことばかりでなく、auじぶん銀行のデメリットも知りたいという方が多いのではないでしょうか。
こちらの特集記事ではauじぶん銀行の住宅ローンのメリット・デメリットをわかりやすく解説しています

>>auじぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】

auじぶん銀行の住宅ローンは今一番おすすめしたい住宅ローンです。
メリットとデメリットをしっかり把握して住宅ローン選びの参考にしてみて下さい。

 

<注目の住宅ローン特集記事>
auじぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?
ジャパンネット銀行の住宅ローンの落とし穴とは?
楽天銀行(フラット35・金利選択型)の住宅ローンの落とし穴とデメリット
新生銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】
SBIマネープラザの住宅ローンの落とし穴とは?
住信SBIネット銀行の住宅ローンの落とし穴とは?
りそな銀行 住宅ローン(借り換え)のメリットとは?
イオン銀行 住宅ローンのメリット・デメリットとは?
三井住友銀行の住宅ローンのメリット・デメリットとは?
ジャパンネット銀行の住宅ローン 審査基準を解説 ゆるい?厳しい?
ネット銀行の住宅ローン メリット&デメリット 審査や手数料など解説
[auじぶん銀行・住信SBIネット銀行・楽天銀行] 無料の疾病保障付き住宅ローンを比較してみよう
[10年固定・フラット35]auじぶん銀行・住信SBIネット銀行・楽天銀行の固定金利を徹底比較
 
 

Pocket
LINEで送る