東京カンテイが、10月の都市圏別一戸建て住宅価格の調査データを公開しました。

<新築一戸建て>
10月の首都圏新築一戸建て住宅の平均価格は前月と同値の3,487万円と安定推移となっていて、前年同月比はプラス3.8%の上昇となりました。
地域別にみていくと、東京都の平均価格は2.1%で4,661万円と反転上昇、神奈川県ではマイナス1.6%の3,730万円と反転下落、千葉県では0.9%の2,806万円とわずかですが3ヵ月ぶりに上昇、埼玉県はマイナス1.2%の3,102万円と反転下落となっています。
首都圏では、8月・9月と続いていた価格の下落が止まりましたが、3ヶ月連続で価格水準は安定しています。

都市別でみてみると、東京23区は前月比プラス11.8%の6,696万円と都内物件の増加が要因で続伸しています。都下はマイナス2.4%の3,948万円と連続下落、横浜市ではマイナス0.7%の4,369万円と3ヵ月連続下落、川崎市はプラス1.2%の4,783万円と反転上昇。
23区は9月に続きプラスが大きく、価格の上昇が顕著になっています。対して郊外では下落傾向が強くなっているようです。

<中古一戸建て>
10月の首都圏中古一戸建て住宅価格は、前月比マイナス6.1%の3,118万円と4ヵ月ぶりに下落となりました。前年同月比はプラス2.0%と僅かな上昇に留まっています。
地域別でみると、東京都がマイナス1.7%の6,398万円と反転下落、神奈川県はマイナス4.2%の3,137万円と3ヵ月ぶりの下落、千葉県はマイナス17.2%と大幅に下落し1,848万円となりました。埼玉県はプラス8.0%の2,344万円と反転上昇となっています。
埼玉県を除いて価格は下落となりました。

都市別にみてみると、東京23区は前月比マイナス8.3%の9,825万円と大幅下落、都下はプラス3.7%の4,131万円で3ヵ月連続上昇、横浜市はマイナス4.5%の3,930万円に反転下落、川崎市はマイナス13.8%で4,385万円と大幅下落、相模原市はマイナス10.8%の2,344万円と反転下落、千葉市はマイナス17.3%の2,222万円と大幅下落、一方でさいたま市はプラス27.9%の3,596万円と大幅に上昇となっています。
23区と川崎市で大幅な下落となりました。

 
新築・中古ともに首都圏という括りでは価格は下落傾向になっているようですね。
ただ、新築一戸建てでは23区の価格上昇が顕著になっている反面、中古一戸建ては23区では大幅に価格が下落しているように、同じ地域でも新築と中古で需要に違いがあるようです。
郊外では、新築・中古共に価格は下落傾向が強く、これまで高騰してきた物件価格が一服していることが顕著になっているようです。

 

<注目の住宅ローン特集記事>
>>じぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】

>>[住宅ローンの選び方] 金利以外のメリット 無料の疾病保障に注目
 
<住宅ローン比較ランキング>
>>借り換え比較ランキング

>>変動金利比較ランキング

>>10年固定金利比較ランキング

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る