政府・与党は平成29年度税制改正で、タワーマンションなどの高層マンションにかかる固定資産税を見直しを検討しているようです。

与党の税制調査会は、現在は床面積が同じであればどの階層でも同じ税額のところを、実際の取引価格を踏まえて高層階ほど税負担を高く、低層階では低くなるよう調整する案を考えています。
具体的には、20階以上の高層マンションを対象とし、1棟の税収は今までと変わらないように税額の計算方法を詰めているようです。
この見直し案は、12月の平成29年度税制改正大綱に盛り込み、平成30年1月にも実施する方針としています。

階層によって税負担を変えると聞くとちょっと驚いてしまいますね。
固定資産税は評価額に対し毎年1.4%の税率がかかりますが、マンションの場合には1棟全体の価値を評価して税額を算出し、その上で各部屋の床面積に応じ、税額を均等に割り当てています。
しかし、実際の販売価格は高層階ほど高く、低層階との価格差があるにもかかわらず税額には反映されていない現状があります。

同じ土地に立っていて販売価格が大きく異るにもかかわらず、税額は同じでは不公平感が出るのもわかりますね。
このため、高層階は増税、低層階は減税にして、1棟当たりの税額の総額は変わらないように調整しようというのがこの見直し案となります。

おすすめ住宅ローン

10月は金利を据え置く銀行が多い中で、10年固定金利を引下げた住信SBIネット銀行、フラット35の最低金利を実現している楽天銀行をおすすめします。
11月の金利引下げにも期待したいですね。

住信SBIネット銀行の住宅ローン

  • 変動金利は0.497%、10年固定金利は0.500%、20年固定金利は0.810%で提供
    業界トップクラスの低金利
  • 8疾病保障が無料で付帯
    がん・脳卒中・急性心筋梗塞の3大疾病のほか、5つの重度慢性疾患でローン残高0円になる保障が無料
  • 諸費用の負担が低い
    保証料、団信、一部繰上返済手数料も無料

住信SBIネット銀行の8疾病保障

住信SBIネット銀行は、手厚い保障による安心感、業界トップの低金利、ネット銀行ならではの利便性の高い総合力で、トップクラスの住宅ローンと言えるでしょう。新規借入れでも、借り換えでも検討先の1番手として考える住宅ローンです。

楽天銀行のフラット35

  • 15~20年固定金利:0.950% 21~35年固定金利:1.060%
    フラット35の最低金利を実現
  • 保証料・一部繰上返済手数料無料
    事務手数料は楽天銀行を支払口座にすれば借入金の1.0%
  • つなぎ融資も利用可能
    最大3回分割で利用できるつなぎ融資が可能。

フラット35は販売している銀行によって金利の幅があるのですが、楽天銀行はその中でも最低水準の金利となっています。
その上、事務手数料も通常1.5%、楽天銀行を支払口座にするとさらに割安な1.100%と、普通の銀行の事務手数料2.20%と比較しても最低水準です。
skypeでなら土日を含む22時まで相談が可能な点もうれしいですね。

 

 

Pocket
LINEで送る