日銀が今年4~6月期の新規貸出額を発表しました。

これによると、4~6月期の新規貸出額は前年同期比22.0%増加した3兆1271億円となり、バブル期の1989年に記録した4~6月期のピーク(2兆7679億円)を27年ぶりに更新し、銀行や信用金庫の不動産向け融資が急増しています。
日銀が今年2月にマイナス金利政策を導入したことで、運用難に陥った資金が不動産市場に流入してていることが要因となっています。

新規貸出額は都市銀行や地方銀行など145行と、265信用金庫の合算で算出されています。
不動産向け融資は年度末にかけて膨らむ傾向があり、今年1~3月期は15.7%増の4兆4113億円と、全四半期を通じて過去最高となりました。4~6月期は1~3月期に比べて総額は減りましたが、伸び率では上回り、増加ペースは加速しています。

4~6月の新規貸出額のグラフ

マイナス金利政策の導入で、住宅ローン金利が低下し住宅の購入需要が高まったことや、2020年の東京オリンピックに向けた再開発、節税目的の個人向けアパートの建築、不動産投資信託(REIT)などの不動産関連企業が資金を集めやすくなったことが考えられますね。

バブルというと崩壊後の不良債権問題などが頭に浮かびますが、日銀は「今のところバブル的な状況ではない」と考えているようです。
しかし、都市部の人気エリアではマンション価格が高騰していますし、バブル的状況であることは間違いないでしょう。

住宅ローンの借入れ用としている方には、マイナス金利で住宅ローン金利が史上最低水準に下がっていることはチャンスといえます。
今のところ、住宅ローンを借り換えるユーザーが多いようですが、住宅価格が一服してきていることも考えると新規の借り入れも今後増えていく可能性もありそうです。

9月のおすすめ住宅ローンは?

9月は多くの銀行が据え置いている変動金利がおすすめでしょう。
固定金利は、多くの銀行が10年固定金利を引き上げる中、据置きとしたじぶん銀行、20年固定はフラット35よりも金利の低い住信SBIネット銀行がおすすめです。

 じぶん銀行

KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資して設立したじぶん銀行は、ネットですべての手続を完結でき、かつ「がん50%保障団信」を無料で付帯するなど他の銀行よりも一歩先んじたサービスを提供する人気の銀行です。
変動金利は史上最低金利の0.497%を9月も維持しています。さらに、10年固定金利は0.510%と他の銀行が引き上げる中で金利を据置きとしています。
低金利に加え「がん50%保障団信」の手厚い保障でおすすめの住宅ローンです。

 住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、新規購入で自己資金が20%以上か借り換えでの利用に限られますが、変動金利が0.497%と9月も最低金利を維持しています。10年固定型金利は0.520%、20年固定型金利はフラット35を凌ぐ0.810%と9月に引き上げられたにも関わらず、低金利で住宅ローンを提供していて候補に入れるべき住宅ローンでしょう。
また、最大の特徴である「8疾病保障」も無料で付帯し、万が一の時も安心の保障です。

<住宅ローン比較ランキング特集>
>>借り換え比較ランキング (2016年8月の金利更新)

>>変動金利比較ランキング (2016年8月の金利更新)

>>10年固定金利比較ランキング (2016年8月の金利更新)

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る