東日本不動産流通機構が2016年7月度のマーケットウオッチを発表しました。
中古のマンション・戸建て共に販売は好調で需要が増えているようです。

7月の首都圏における中古マンションの成約件数は3,190件で、前年同月比13.6%増加しました。成約平米単価は4.7%上昇の47万3,300円。成約価格も2,999万円となり4.5%上昇。いずれも2013年1月から43ヶ月連続で前年同月を上回っています。

地域別の成約件数は、すべての地域が前年比で増加し、特に東京都区部・多摩・埼玉県・千葉県は2桁増となっています。
東京都区部は2012年10月から46ヶ月連続、多摩は2015年5月から15か月連続で前年同月を上回る結果となりました。

一方で、7月の首都圏における中古戸建住宅の成約件数は1,205件で、前年同月比20.1%増加と大幅に上昇しました。成約価格は5.2%上昇の3,068万円となっています。

地域別の成約件数も、すべての地域で2桁増となり、神奈川県他は16か月連続、多摩は12か月連続、埼玉県は10か月連続で前年同月を上回っています。
成約価格はすべての地域が前年より上回り、特に多摩は2桁増となった。

新築・中古ともに価格が高騰していますが、中古住宅の需要が伸びているようです。
新築に比べて中古は価格が安いことが要因でしょうか。

中古住宅のリノベーションに最適な住宅ローン

中古住宅の購入後に自分好みにリノベーションを行う方も多いと思います。
住宅金融支援機構から新たなサービス「フラット35」リノベとは、省エネルギー・耐震性等の住宅性能を一定以上向上させる性能向上リフォームにより、住宅性能を向上させた中古住宅を取得する場合に、フラット35の借入金利を一定期間引下げる制度です。
その金利引き下げ幅は、マイナス0.6%と大幅な優遇が行われます。

申込みは10月からで、予算に到達し次第期限を待たずに終了してしまう、言ってみれば期間限定のお得な金利優遇と言えます。
これから中古住宅の購入を考えている方は、活用してみることをおすすめします。

>>住宅金融支援機構の新サービス「フラット35」リノベは0.6%の金利優遇

 

<8月におすすめの住宅ローン>

住信SBIネット銀行 公式サイト

住信SBIネット銀行 フラット35公式サイト

じぶん銀行 公式サイト

りそな銀行 公式サイト

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る