このキャンペーンは終了しました

住宅ローン取扱額が4兆円を突破するなど変動金利を中心に10年・20年固定金利などの長期の固定金利でも低金利の住宅ローンを提供し人気を集めているのが住信SBIネット銀行です。特に変動金利は借り換えであれば0.439%、新規借入れで諸費用を含まない場合に0.457%とこれまでにない非常に低金利での借入れ・借り換えが可能になっています。
その住信SBIネット銀行が3月に借入れを行った方を対象にキャッシュバックキャンペーンを行っています。
このキャンペーンの詳細を確認してみましょう。

現金1万円をキャッシュバック!

住信SBIネット銀行のキャンペーンバナーです

ネット専用住宅ローン 1万円キャッシュバックキャンペーン
2月・3月に新規の借入れでも借り換えでも住宅ローンを借入れた方を対象に1万円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンとなっています。

キャンペーン期間

借入期間:2018年2月1日(木)~2018年3月30日(金)
キャンペーン期間中に借入れを行えばキャンペーン対象となります。

後述しますが、住信SBIネット銀行の住宅ローンは低金利だけでなく、団信に加えて全疾病保障が無料で付帯するとても優良な住宅ローンです。何千万円も借り入れることを考えると1万円は僅かなキャッシュバックと考えがちですが、どうせなら貰えるものは貰っておきましょう。
3月は住宅業界でも繁忙期にあたるため、これから通常より申込みが増える傾向が強くなります。ということは審査にも通常より時間がかかることになるでしょう。2月・3月で住宅ローンの借入れを考えている方は早めに申し込んでおくことをおすすめします。

住宅ローン取扱額もうすぐ4兆円突破記念キャンペーン

さらにキャッシュバックキャンペーンと同時に行われているキャンペーンが「住宅ローン取扱額もうすぐ4兆円突破記念キャンペーン」です。

住信SBIネット銀行のキャンペーンバナーです

2017年12月に住信SBIネット銀行の住宅ローン取扱額が3兆9,000億円を突破したことをお伝えしましたが、その住宅ローン取扱額がもうすぐ4兆円となることを記念した特別なキャンペーンとなっています。

新規借入れ借り換えを問わず、住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローン・提携住宅ローン・ミスター住宅ローンREAL・「フラット35」で2018年2月1日(木)~2018年3月30日(金)に借入れた方を対象に2018年4月9日(月)までにエントリーすると抽選で20名の方に上記のプレゼントが当たるキャンペーンです。期間中に住信SBIネット銀行で住宅ローンを借入れた方は忘れずにエントリーを行いましょう。

ネット銀行最大手とはいえ、住宅ローンの取扱額4兆円は大手の地方銀行なみの規模となります。この住宅ローン取扱額こそが住信SBIネット銀行の住宅ローンの優秀さと人気の高さの証と言えますね。

 

住信SBIネット銀行の住宅ローンの特徴は?

住信SBIネット銀行は国内最大手のネット銀行です。
2018年2月には住宅ローン取扱額が4兆円を突破したことがニュースになりましたが、この額はインターネット専業銀行でありながら大手の地方銀行に匹敵する規模で、それだけをみても住信SBIネット銀行の住宅ローンの人気の高さがわかります。
その住信SBIネット銀行の住宅ローンの人気の高さは、業界最低水準の低金利と団信に加えて無料で付帯する全疾病保障による手厚い保障があり、ほかの銀行では真似の出来ない優良な住宅ローンであることがその理由です。
住信SBIネット銀行の住宅ローンの特徴を確認してみましょう。

住信SBIネット銀行の住宅ローン金利を確認

まず住宅ローンでも一番に注目すべき金利を確認してみましょう。

・変動金利
 新規借入れで諸費用を含まない場合:0.457%
 借り換えでの利用の場合:0.439%
・10年固定金利 – 0.770%
・20年固定金利 – 1.160%

新規の借入れでも借り換えでも大半の金利タイプで最も低い金利で住宅ローンを利用できるのが住信SBIネット銀行です。
しかし住信SBIネット銀行の住宅ローンの強みは金利だけではありません。それが次の特徴です。

住信SBIネット銀行の「全疾病保障」とは?

住信SBIネット銀行の住宅ローンは、団信だけでなく全疾病保障が無料で付帯することが最大の特徴です。他の銀行でも、全疾病保障は付帯することができますが、付帯するには住宅ローン金利に上乗せが必要になり返済額が増えてしまいます。
団信による死亡、高度障害での保障は一般的ですが、「全疾病保障付き住宅ローン」は、下記の8疾病に加えてケガや病気の場合にもローン残高が0円になります。

  • がん・脳卒中・急性心筋梗塞・高血圧・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎

全疾病保障の説明図です

住宅ローンを選ぶときには、金利に目が行きがちですが、病気で返済ができないといったリスクに備えることも重要です。本来は死亡時や高度障害が残った時にしか保証されないものが、全疾病保障で病気もケガも保障されるのは住宅ローンの契約者には大変ありがたいことですね。

 

2018年5月 住信SBIネット銀行の詳細
金利変動金利:0.428%
10年固定金利:0.760%
20年固定金利:1.140%
保証料0円
事務手数料借入れ金額の2.16% (税込)
一部繰上げ返済手数料0円
団信団信に加えて「全疾病保障」が無料で付帯
※ 借り換えでの利用時の金利になります。新規借入れで諸費用を含まない場合は0.457%
■関連記事■
住信SBIネット銀行の住宅ローンの落とし穴・デメリットとは?
[じぶん・住信SBI・楽天] 無料の疾病保障付き住宅ローンの保障内容を比較!
[10年固定・フラット35] じぶん・住信SBIネット・楽天の固定金利を徹底比較

超低金利に加えて、手厚い保障が無料で付帯する住信SBIネット銀行の住宅ローンは、変動金利で新規の借入れや借り換えを考えていた方には特におすすめです。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る