じぶん銀行の最新の金利はこちら

じぶん銀行の住宅ローン 4月適用金利が発表になりました。

全期間引下げプラン 変動金利 年0.497%
当初期間引下げプラン 10年固定金利 年0.780%

ソニー銀行が発表した変動金利 年0.499%(新規購入かつ自己資金10%以上)から、さらに引き下げた金利を発表し、最低金利を更新しました。
変動金利で住宅ローンを考えていた方には大変魅力的な数字ではないでしょうか。

じぶん銀行の住宅ローンの特徴

じぶん銀行は、日本有数の2大企業、KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資して設立したネット銀行です。業界最低水準の低金利と最短10日で完了する審査や、その全てをWeb上の記録で済ますことが可能など、今までの銀行にはないサービスの提供で人気を集めています。

変動金利が業界トップクラスの低金利

店舗を持たないネット銀行だから実現できる低金利であり、そのネット銀行の中でも金利が最低水準に設定されています。
また保証会社を使わない自社審査のおかげで、保証料も不要で事務手数料型の住宅ローンで、総返済額も1、2を争う低額の借入が可能になります。

がん50%保障団信

無料で付帯される「がん50%保障団信」は、ガンと診断されると住宅ローンの残債が半分になり、保証費用の上乗せもありません。
2人に1人はガンと診断される日本では、ガンのリスクに備えることは非常に重要です。長期間の返済になる住宅ローンの場合、万が一、ガンを患い高額な治療費や入院費が発生した場合の返済負担の軽減というのは大変大きなメリットです。

低金利のネット銀行の良さとメガバンクの信頼性を併せ持つ

言わずと知れたKDDIが運営する携帯キャリア「au」と三菱UFJ銀行の共同出資で設立したネット銀行です。
「スマホで完結できる新しい住宅ローン」を念頭に開発した住宅ローンは、書類という紙の記録ではなく、Web上の記録で手続きを完了させます。また、審査時間の短縮にも力を入れていて、一般的に1ヶ月程度かかるところを最短10日で審査を完了します。
住宅ローンを後発で始めたじぶん銀行は、ネット銀行特有の低金利と利便性を追求したサービスと、メガバンクである三菱UFJ銀行の信頼性をバックボーンにしており、いま一番注目のおすすめしたい住宅ローンです。

じぶん銀行 公式サイトへ

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る