2019年10月、国立がん研究センターがん対策情報センターを中心とする研究グループが、2016年に新たに「がん」と診断された罹患数・率として算出した全国推計値を公表しました。

それによると、2016年の1年間に「がん」と診断された症例の推計数は、
男:566,574人
女:428,499人
男女計:995,131人
で、前年より1.4万人増加して、調査開始以来、過去最多を更新しました。
同センターでは、今後も高齢者を中心に増加を予想しています。

もし住宅ローンの返済中に「がん」と診断された場合、住宅ローンはどうなるのでしょうか。
早期の発見であれば通院治療や数日の入院で手術を行えるかもしれません。しかし長期の入院となった場合、働けない間も住宅ローンの返済は待ってはくれません。
治療で働けない期間が短ければ、貯蓄を崩して乗り切ることもできるかも知れませんが、長期の入院となると、治療費やその間の生活費に加え住宅ローンを返済し続けていくことは難しいでしょう。

そんな「がん」に特化したがん保障が無料で付帯する住宅ローンを紹介します。

無料で付帯する「がん50%保障団信」とは

一般的に住宅ローンの契約には、団信の加入が必須です。
団信は、保険料は無料で死亡時や高度障害状態になってしまったときに住宅ローン残金分の保険金が金融機関に支払われ住宅ローンが清算されます。

この団信に加えて無料で付帯する「がん50%保障団信」とはどんな保障でしょうか。

「がん50%保障団信」とは「がんと診断されたら住宅ローンの残高が半分になる」保障です。

保障を受け取る条件は、がんと診断され、入院などで就業不能状態が〇〇日続いたら住宅ローンの残高が半分になるとかではなく、「がんと診断されたら」です。
就業不能状態が60日でも30日でもなく、「がんと診断されたら住宅ローンの残高が半分になる」のが「がん50%保障団信」です。

こういった団信にプラスして疾病保障を無料で付帯する住宅ローンがスタンダードになりつつあります。

では「がん50%保障団信」を無料で付帯してくれる住宅ローンはどの銀行の住宅ローンでしょうか。

「がん50%保障団信」を無料で付帯してくれる住宅ローンとは

団信による保障に加えて「がん50%保障団信」も無料で付帯できるのはネット銀行の住宅ローンです。

中でも住宅ローンで最も重要な金利も業界最低水準の低さであることに加えて、「がん50%保障団信」が付帯するソニー銀行が非常におすすめです。

無料で付帯する「がん50%保障団信」と「がん100%保障団信」の保障内容

無料で付帯する「がん50%保障団信」は、がんと診断されたら残りの住宅ローンの半分が保障されるのに対して、「がん100%保障団信」はがんと診断されたら残りの住宅ローンの全部が保障されます。

無料であれば残りの住宅ローンの半分が保障されれば十分かもしれませんが、せっかくだったら残り全部を保障してほしいと思いますよね。
その場合は「がん100%保障団信」を金利上乗せで付帯する必要がありますが、さっきの表をみるとわかりますが、金利の上乗せ分が銀行により違いがあります。

「がん100%保障団信」を付帯するならソニー銀行

「がん50%保障団信」が金利上乗せなしの無料で付帯するソニー銀行ですが、「がん100%保障団信」は金利の上乗せが必要になります。

他の銀行では保険料として0.2%の上乗せが必要が多い中で、ソニー銀行では0.1%の上乗せで「がん100%保障団信」を付帯する事ができます。
他の銀行の半分の保険料で、がんと診断されると残りの住宅ローンが0円になる「がん100%保障団信」が付帯できるがソニー銀行になります。

がんへの備えとして「がん100%保障団信」の付帯を検討している方はソニー銀行の住宅ローンをチェックしてみましょう。

 

 

Pocket
LINEで送る