金融緩和により住宅ローン金利は低下を続けていますが、特に変動金利が5%を切る史上最低金利になるなど、ネット銀行の低金利が目立っています。ネット銀行の住宅ローン金利は都市銀行に比べなぜ低いのでしょうか。今回はその仕組をお話します。

ネット銀行の住宅ローン金利が低い理由とは

ネット銀行の住宅ローンは金利が低いというのは住宅ローンを借りようとしている方であれば漠然とした共通の認識ではないでしょうか。
ではなぜネット銀行の住宅ローン金利が低いのかを解説してみましょう。

インターネットで受付するから店舗がいらない

一般的な金融機関では、住宅ローンを申し込むには、担当者と対面して手続きを進めますが、ネット銀行では基本的にネット上で全ての手続が完結します。電話やSKYPEなどのチャットでの相談や、ネット銀行によって窓口を設けているところもありますが、その数は多くありません。
日本各地に店舗を持ち、さらにその店舗で働く行員を持つメガバンクは莫大なコストを掛けているため、低い金利では利益を生み出せません。ネット銀行では、こういったコストをかけない分を金利や諸費用に反映し、低金利を実現しているのです。

また、最近は、金利だけでなく保証料・繰上げ返済手数料などの諸費用、さらに疾病保障付団信を無料で付帯するなど、サービス面でも都市銀行・地方銀行の住宅ローンを上回っています。

住宅ローンの審査は型通り

大手銀行や地方銀行では、収入や勤め先など一般的な情報に加えて人物評価のために資格証明書のなどの資料を参考に比較的に柔軟な審査が行われます。少し基準に満たないといった場合には、少し高めの金利であれば融資が可能になる場合が合ったりと、行員と対面でやり取りするメリットがあります。

しかしネット銀行ではインターネットで申し込みが可能ですし金利も低いことから審査を行う人員に対しての申込み数が多く、審査に時間をかけることができません。そのため審査基準を満たす場合のみ融資を受けられることになります。最近では審査にAI(人工知能)を導入する銀行も出てきています。最大限にコストを省くことで、ネット銀行の住宅ローンは低金利と高付加サービスを実現しているというわけです。

低金利ゆえに審査は若干厳しめ?

前述したとおり、コスト最大限省く経営のためネット銀行では審査も型通りのものになっています。
しかし都市銀行や地方銀行では優遇金利に幅があり、希望のプランでは審査が通らなくても「少し高い金利でなら審査を通します。」と言った代替案を提示してくれることもあります。

対してネット銀行では、優遇金利に幅はなく審査も通るか通らないかのどちらかです。住宅ローン審査については、銀行によって重視する審査項目も違いますし、その方法も公開されているわけではないので一概には言えませんが、優遇金利に幅がないということを見ても審査については若干厳しいもの考えられます。

銀行名年収職業・雇用形態勤続年数
jibun_bank_83x42200万円個人事業主でも可能規定なし(個人事業主、会社役員は3年)
au_housingloan_83x42200万円個人事業主でも可能規定なし(個人事業主、会社役員は3年)
sumishinsbi_bank_83x42安定かつ継続的な収入があること規定なし規定なし(個人事業主、会社役員は3年)
楽天銀行のロゴ画像です
金利選択型
400万円以上個人事業主でも可能1年(個人事業主、会社役員は2年)
楽天銀行のロゴ画像です
フラット35
100万円程度でも可能パート、アルバイト、個人事業主、契約社員、派遣社員、会社役員でも可能規定なし(個人事業主、会社役員は2年)
ARUHIのロゴ画像です
フラット35
100万円程度でも可能パート、アルバイト、個人事業主、契約社員、派遣社員、会社役員でも可能規定なし(個人事業主、会社役員は2年)
300万円以上個人事業主、契約社員、会社役員でも可能2年以上
100万円以上個人事業主、契約社員、派遣社員、会社役員でも可能半年以上(個人事業主、会社役員は3年)
ソニー銀行400万円以上パート、アルバイト、個人事業主、契約社員、派遣社員、会社役員でも可能規定なし(個人事業主、会社役員は3年)
三菱UFJ銀行200万円以上個人事業主でも可能1年(個人事業主、会社役員は3年)
※2018年5月9日、当サイト調べ。

主要ネット銀行と大手銀行の代表として三菱UFJ銀行の公表されている審査基準を一覧にしてみました。
当然ですが審査の項目は上記以外にも多くの項目がありますが、これを見ると大手銀行もネット銀行も大差がないが無いようにみえますね。
銀行もお金を貸し出さないと利益を出せません。ネット銀行も審査のハードルが高いとはあえて公表していないようです。

住宅ローンは申込みをしてみなければ審査を通るかはわかりません。
低金利で無料の疾病保障が付帯するネット銀行の住宅ローンを利用市内てはありません。最初から諦めずに気になるネット銀行の住宅ローンに申し込んで見ましょう。

おすすめ!じぶん銀行の住宅ローン

じぶん銀行の住宅ローンは当サイトでも申込み件数ナンバー1の住宅ローンです。スマホがauユーザーの方や住宅ローンの比較検討をしたことがある方なら名前くらいはみたことがあるのではないでしょうか。
そのじぶん銀行のおすすめポイントを紹介しましょう。

 じぶん銀行のここがメリット!
 ・変動金利と10年固定金利は業界最低水準の低金利
 ・2つの疾病保障が無料
 ・契約書の記入や捺印なしでネットで完結
 ・団信、がん50%保障団信、保証料、資金移動、一部繰り上げ返済手数料、収入印紙が全て”0円”
 ・auユーザーなら毎月500円(5年間)をキャッシュバック

業界最低水準の低金利と団信に加えて「がん50%保障団信」と「全疾病保障」の2つの疾病保障が無料で付帯する手厚い保障で優良な住宅ローンがじぶん銀行の住宅ローンです。新規の借入れでも借り換えでもおすすめのじぶん銀行が気になった方は気軽に公式サイトで借入れシミュレーションを行ってみましょう。

2019年10月 じぶん銀行の詳細
金利変動金利:0.457%
10年固定金利:0.570%
15年固定金利:0.732%
20年固定金利:0.841%
30年固定金利:1.237%
保証料0円
事務手数料借入れ金額の2.20% (税込)
一部繰上げ返済手数料0円
団信団信に加えて「がん50%保障団信」

「全疾病保障」が無料で付帯
■関連記事■
じぶん銀行の住宅ローン担当者に比較ネット編集部が独自にインタビュー
じぶん銀行の住宅ローンの落とし穴とは?【メリット・デメリット】
じぶん銀行の住宅ローンに借り換えってどう?
じぶん銀行の住宅ローン 新規借入れでキャッシュバックキャンペーン
[じぶん・住信SBI・楽天] 無料の疾病保障付き住宅ローンの保障内容を比較!
[10年固定・フラット35] じぶん・住信SBIネット・楽天の固定金利を徹底比較

 

Pocket
LINEで送る