老後の収入の基礎となるのは公的年金ですが、受け取れるのは65歳からです。多くの方が60歳で退職し、その後も65歳まで働いたとしても収入がダウンします。そのような状況でローンを返済を続けていくのは大変ですので、60歳までに完済するのが理想です。
仮に35歳の人が60歳で返済を終わらせるなら、25年返済で借りることになりますが、返済期間が短いほど毎月の返済額は多くなるので、25年返済を利用する人は限られるでしょう。
この場合は、返済期間の設定は60歳からプラス5年程度を目安として考え、少しづつ繰上げ返済をしていくのが実現可能なプランといえます。
60歳までに完済をするには、多額の借入れをせずに、60歳時のローン残高をよく確認し無理なく返済できる借入額を設定しましょう。
また返済期間は1年単位で設定できることも覚えておきましょう。

point_icon
多額の借入れはせずに繰上げ返済も行いながら60歳での完済を目指そう

Pocket
LINEで送る