住宅ローンの返済方法には、元利均等返済と元金均等返済の2の返済方法があります。

・元利均等返済
住宅ローンを返済する際に一般的な返済方法が元利均等返済です。
借り入れ金の元金と利息分を合算し、毎月の返済額を一定にする支払い方法です。ローン残高にかかる利息と元金を合わせていく支払い方法で、返済当初は返済額の利息の割合が高く、返済が進むごとに元金の返済に回る額が多くなっていきます。元金がなかなか減らないため総返済額は元金均等返済と比較すると大きくなります。

・元金均等返済
元金均等返済の特徴は、返済する元金を一定にし、その時の借り入れ金にかかる利息を上乗せして返済する方法です。借り入れ当初の返済額が高くなりますが、元金が返済する度に減っていくので徐々に返済額も減っていきます。全ての銀行が取り扱っているわけではないので確認しましょう。

ganrikintouhensai_image

gankinkintouhensai_image

返済期間が同じなら、利息の総額は元金均等返済のほうが少なくて済みますが、返済開始からしばらくは元利均等返済より毎月の返済額が多い時期が続きます。しかし、この多い返済額で返済が可能であれば元利均等返済のほうが返済期間を短くすることができます。
また、どちらの返済方法を選んでも、余裕がある時は繰上げ返済をすることで利息額が大きく減るので上手に活用しましょう。

Pocket
LINEで送る