「家族が増えて、子供部屋がないから、家を買い換えようか?」

実は、今の時代に家の買い替えは非常に難しいのです。
家は入居した途端、価値が2割ほど落ちます。頭金が住宅価格の2割以下で購入した場合や頭金無しで購入した場合には、家を買い換えようと売却しても住宅ローンの残債が残ってしますのです。

遠いバブルの時代には、「山の手線内の土地価格でアメリカ全土の土地が買える」と言われるほど土地と不動産価格が高騰しました。それもあって、独身時代に買ったマンションを売却してローンを返済してもお釣りが出ました。そのお釣りを、次の住宅購入の頭金に充てられたのです。

しかし、今は一部の人気物件でない限り、家の価値は値下がりするのが普通です。値下がりした家を売っても残りの住宅ローンは払いきれません。次の家を買うための頭金も用意できませんから、住宅ローンの借入額はさらに増大に…つまり、物件価格の大きな値上がりなしには、買い替えはリスクが大きいのです。
預貯金が潤沢にあり、住宅ローン残債を払っても頭金を用意できる方や、売値が買値より高い物件に住んでいる方は別ですが、住宅ローンの借入額を増大させるようなことはおすすめしません。

家を購するときは、できるだけ具体的に将来のライフプランを立て、長く住み続けられる家を選びましょう。

point_icon
できるだけ具体的に将来のライフプランを立て、長く住み続けられる家を選ぼう

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る