申込金と手付金の違いとはなんでしょうか。

申込金とは?

正確には「申込み証拠金」と言います。購入したい物件が見つかったときは、「申込金」を払います。申込金とは、その物件を買う意思表示や購入者の順位保全として支払うもので、金額は5~10万円が一般的です。申込金を支払った後に、契約に至れば手付金の一部に充てられ、買うのをやめて契約に至らなければ、全額返却してもらえます。支払う際には、「預り証」を受け取り、契約しない場合には返してもらえること確認しておきましょう。

point_icon
「預り証」を受け取り、契約しない場合には返してもらえること確認しておこう

手付金とは?

買うことを決めると、正式に不動産売買契約を結びます。この時に支払うのが「手付金」です。契約金のような意味合いで、通常支払った金額は家の代金の一部に充てられます。法律的には、物件価格の20%までとなっていますが、一般的には物件価格の5%ほどが主流のようです。それよりも高い金額を請求された時は理由を聞いてみましょう。
もしも売買契約を結んだ後に、買い主が購入をキャンセルすると支払った手付金は返ってきませんから、売買契約はくれぐれも慎重に行いましょう。逆に、不動産会社側からキャンセルということになった場合には、支払った金額が2倍になって返ってくる仕組みになっています。

手付金は高額になります。安易に不動産会社の言われるがままに契約すると、取り返しのつかないことになる可能性があります。そのため、支払いはくれぐれも慎重に行い、疑問点がある場合は必ず契約前に確認・解決するようにしましょう。このような話が真摯に出来ない不動産会社は敬遠したほうが懸命です。

point_icon
・買い主が購入をキャンセルすると支払った手付金は返ってこない
・不動産会社側がキャンセルすると手付金は2倍になって返ってくる

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る