住宅ローンを借りるには審査を受けなければなりませんが、この審査から融資まではどのような流れになるのでしょうか。審査の手順と詳しい内容を見ていきましょう。

住宅ローン審査の流れ

住宅ローン審査の流れは以下のようになります。

申込み → 仮審査 → 本審査 → 契約 → 融資

住宅ローンを申し込むと融資までに2回の審査を受けます。仮審査と本審査はどのような違いがあるのでしょうか。

仮審査と本審査の違い

仮審査も本審査も審査内容は、厳密さは違いますが、ほぼ同じ内容の審査を受けることになります。では、なぜ2回も審査を受けるのでしょうか。

仮審査と本審査は審査する金融機関が違う

仮審査は住宅ローンを貸し出す銀行が行い、本審査はその貸出を保証する保証会社が行います。そのため2回も審査を受けるのです。
住宅ローンを借りる際には様々な諸費用が必要ですが、その中に保証料というものがあります。それは、借入額と返済期間を元に計算されるもので、保証会社が住宅ローンの貸出の保障をする代わりに銀行から毎月受け取っているものです。
実は、貸し倒れリスクは銀行ではなく貸出を保証している保証会社が負っているので、当然、2回目の本審査のほうが厳密に審査をされるのです。そのため、”仮審査は通ったのに本審査では落ちてしまった”といった事が起きてしまうのです。

仮審査と本審査の審査の違いは?

仮審査は銀行が、本審査は保証会社が、審査を行いますが、審査主体が違いますから、当然、審査の内容も審査の厳しさも違いがあります。しかし、住宅ローン審査で行われる項目には大きな違いはありません。

  • 物件の担保価値
  • 返済負担率
  • 個人の信用情報
  • 健康状態

などがチェックされ総合的に判断されます。
審査項目はほぼ同じですが、銀行や保証会社によって、審査の基準や項目の重要性は異なります。

詳しくは、住宅ローン審査の重要度順チェックポイント

しかし、仮審査と本審査は審査の厳密さが段違いです。
貸し倒れリスクを保証されている銀行と、貸し倒れリスクを抱えている保証会社の審査では厳密さに違いが出て当然の話です。仮審査に通ったからといって、本審査に通るという保証はありません。全くの別物と考えて臨みましょう。

仮に審査に落ちても、審査基準は銀行や保証会社によって違います。そのため審査の結果も銀行によって異なります。もう一度、住宅ローン審査のチェックポイントを確認して、諦めずに他の銀行に申し込んでみましょう。
”審査に落ちること”も、”A銀行の審査に落ちたけど、B銀行では審査に通った”というのも、住宅ローン審査ではよくあることなのです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る