親からの資金援助には贈与税がかかりますが、住宅資金の場合には非課税になる特例があります。

・贈与税の基礎控除
110万円以下なら税務署絵の申告不要

・住宅取得資金等の贈与税の特例
この特例を使うと非課税枠が広がります。
非課税限度額は入居年数や住宅の状態によって異なります。また特例を利用する際は税務署に申告が必要です。

・相続時精算課税制度
2500万円までは贈与税を課税せず、相続が発生した時に相続財産として精算する事ができます。
利用する際には税務署に申告が必要です。

2500万円を超える場合には超えた分に贈与税がかかります。

Pocket
LINEで送る