住宅を取得すると支払わなければならない固定資産税。いくら必要なのかを把握しておくことで返済計画も立てやすくなります。今回は固定資産税について説明します。

固定資産税とは

固定資産税とは、土地や一戸建ての家屋、マンションなど、不動産と呼べる資産に対して課せられる税金のことです。
固定資産税は、国ではなく、市町村など、地方自治体が徴収します。もし、マンションやアパート、一戸建てに賃貸で住んでいる場合は、固定資産税を支払う義務はありません。所有している不動産に対してのみ、固定資産税がかかることになります。
この固定資産税の課税が決まるのは、1月1日です。この日に不動産を所有していれば、固定資産税を納税する義務が発生します。

固定資産税の計算方法

固定資産税は、固定資産税評価額と標準税率(1.4%)を掛けあわあせた額で決まります。

固定資産評価額 x 1.4% = 固定資産税

固定資産税評価額とは、国土交通省が定めたもので、土地の公的価格や、家屋の時価を表したものです。固定資産税評価額は、地価によって変動しますので、3年に1度、評価額が見直されます。そのため、地価が安くなった場合には固定資産税も下がり、地価が高騰した場合には固定資産税も高くなります。
地価によってこの固定資産税は決まりますので、同じ大きさ、新しさの家屋でも、地域によっては税額が違うことがあります。

簡単に固定資産税評価額がいくらになるのかを把握する方法として、家の購入金額の7割を目安にすると、大体の固定資産税評価額を把握することができます。これに標準税率1.4%をかけると、大体の固定資産税を計算することができます。

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ

Pocket
LINEで送る